人気ブログランキング |

ケニア、種を蒔く

持つべきものは同期の絆

エチオピアへ訪問にあたり、
エチオピア派遣の協力隊同期にお世話になった。

エチオピア、まず英語があまり通じないので、
アムハラ語が主体となってやり取りされる。
なので海外からぽんと単身でくるとなかなか人々とのコミュニケーションが厳しい。
しかしアムハラ語の素養が彼らにあるので、
値段交渉や質問等の場面ですごく助けられた。
また社会制度も以前社会主義だった影響もあってか、
携帯等の手続きのインフラがちょっとややこしい。
ケニアと同様にエチオピアもプリペイド式の支払い方法なのであるが、
そのチャージの案内がアムハラ語だったりするのである。
なので携帯を渡して使えるようにしてもらったり。

そして地方に行った時も、
まず普通の観光では案内されないような場所を色々と紹介してくれた。
普通の民家や地元の酒場など、こんなローカルな場所や施設は一人だったら絶対入れない。
また食べ物に関しても協力隊のネットワークじゃなかったら行けなかっただろうなと思う。

不慣れな自分をここまで色々とお世話してくれて本当に嬉しく、
感謝の念でつきません。
この場を借りて、お礼を言いたい。
どうもありがとう。



f0213817_19234351.jpg

by tanewomaku | 2011-12-28 19:24 | 海外