ケニア、種を蒔く

確実に違った感じを味わう

ケニアのお隣の国、エチオピアに行ってきた。

陽気だがたまに煩わしいと思う感があるケニアを離れて、
約2時間のフライトでナイロビからアディスアベバに着く。
標高が2400m、
早朝に到着したこともあってか明らかにナイロビより2段階ぐらい冷える。

アディスアベバの街を歩いていると、
目抜き通りでも人との距離がぶつからない程度で快適で、
また坂道の街とあってか高い所にいくと、
一望が見渡せて気持ちいい。

ケニア、特にナイロビでは自傷行為にも等しい夜の首都を歩く事も、
よっぽどのところじゃない限り歩けるし、
また至るところにあるカフェが、
コーヒー好きにとってはなんとも魅力的にうつってくる。

エチオピアという国は、他のサブサハラのアフリカ諸国とは明らかに様相が異なっている。
アムハラ語という独特な言語。
どちらからというモノトーンな柄。
そして紀元前から続くエチオピア正教があるからなのかもしれない。

一味違ったアフリカを味わいたい人はエチオピアを訪れてみればいいと思う。
首都のアディスアベバだけでも、
そこには文化、そしてコーヒーの独特の匂いが感じられる。



f0213817_239195.jpg




f0213817_2394127.jpg

by tanewomaku | 2011-12-27 23:07 | 海外