ケニア、種を蒔く

タグ:GXR A12 50mm ( 53 ) タグの人気記事

焼却から始めよう

あと1ヶ月ぐらいで任地を引き上げるので、
そろそろ大量にある家財道具を片付けないとならない。
というわけで、まずはゴミが処分から。
使わないものはどんどんと捨てていかないとね。
ただ先月見たナイロビのゴミ処分場の強烈な印象で、
ゴミを捨てるのも意識変化があったかも。
焼却するものは焼却、リサイクルできるものはリサイクルと、
きちんと処分しないとと思うが、
ただケニア人のリサイクルに対する意識がまだ浸透していない面もあり、
その辺が微妙だなと思ったり。
ケニアのリサイクル事情もあまり知らないけれど、
きちんとゴミの分別のことを把握できる人に使わなくなった品々をあげたいのだが、
周りを見渡すと、
それがなかなか難しいんだよね。



f0213817_6365659.jpg




f0213817_6372022.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-11-07 06:39 | 日常

テンション上がる?

協力隊の任期は2年。
というわけで自分の任期は来年1月初めで終わるのだけれど、
その終わりに向けてJICA事務所から帰国案内の書類が送られてきた。
先輩方々はこの帰国案内が来るとテンションが上がると言っていたけど、
確かにそれはあるかもしれない。
ケニア生活も日常となってくるほど、
こっちでの日々が当たり前になってきている1年と10ヶ月目。
さほど代わり映えしない毎日を過ごしていた中で帰国というエサを与えられると、
心盛り上がる気持ちが春一番のようにやってくる。
北海道に行きたいとか山菜そば食べたいとか、
日本に帰ったら何しようかという妄想が爆発する。
終わりが見えてくると、「おっしゃー、最後頑張りやっしょう!」
という気分になるもんだね。



f0213817_0112693.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-24 00:12 | 日常

柵がなくなっていく

1年半以上住んだシガラガラは、だいぶ慣れてきたとは思うのだが、
何故に、と思うことがまだまだある。
その一つが、軒先の柵。
以前は張り巡らされてあったのだが、
いつの間にか、どんどん櫛状に抜かれていってる。
誰かが勝手に抜いていっているのだけど、
怒ったほうがいいのか?
自分のいる前で抜いていった人はまだ見たことないので、
柵を抜いている人も悪いことをしていると思っているのだろう(と淡い期待)。
防犯上の問題もあるが、
洗濯物の干し場がなくなったりもしてけっこう迷惑。



f0213817_20423992.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-20 20:44 | 日常

ティンガ・ティンガ村

8月にいったタンザニアの話をもう少し。
タンザニア発祥のポップ・アートでティンガ・ティンガというものがある。
日本でもたまに見かけるが、
動物や人などをモダン・アフリカン・アートという感じに仕上げている。
このティンガ・ティンガを書く画家達が集まった所があり、
そこがダル・エス・サラームのティンガ・ティンガ村。
面白そうなので行ってみた。
見た目は確かにモダン。
そして作品が所狭しと置かれているので壮観。
美術に関してはそう詳しくないほうなので、
あまり突っ込んだ説明はできない。
下にある写真を見てご自身でご確認あれ。

で、ここで画家の製作工房もあり、
頼めば何でも書いてくれる。
自分も携帯に書いてもらったのだが、
なかなか味がある風味となった。
お値段も6000Tshだったので良心的かな。
なにかオリジナルな物を欲しい人にはお勧めです。



f0213817_20274534.jpg




f0213817_202756100.jpg




f0213817_20281096.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-20 20:31 | 海外

パソコン投下

学校にあるパソコンは全体で50台ぐらいあるのだが、
稼動しているのはその3分の2ぐらい。
そしてその稼動しているマシンでも、
しょっちゅう止まったり動きが遅くなるものがある。
当然ウィルス感染しているマシンもあったり。
なので喫緊で稼動するマシンをいかに増やすかが課題なのだが、
新しいマシンの購入や故障しているマシンの部品購入にしても、
それなりの出費が必要なのでなかなか手がでない。
また自分の受持ちのハードウェア・コースについていうと、
他のコースも使用する一般的用途用のパソコンをハードウェアの実習用で使うのはちょっと面倒で、
設定をいじったりもなかなかできない。
また実機を使っての実習の時もたまに他コースと被ってしまい、
PCラボを使用できないことが間々ありなかなかコース進行がスケジュール通りにいかないのである。
そのPCラボの使用は早い者勝ち。
これもどうかと思う制度なんだけれど変える気はないみたいだし。
そんな中、JICAのケニア事務所から廃棄用のパソコンをあげるよという話がきて、
これは幸いということでぜひにということでもらってきた。
稼動マシンが1台、故障したマシンが3台である。
いずれもハードウェア・クラス専用機として今後は使用するつもりであるが、
なぜ故障したマシンももらってきたのかという理由は、
メンテナンス用に分解・組立の実習の作業が必要で、
それには故障したパソコンが打ってつけなのである。
使用可能なパソコンだとあまりに分解すると組み立てられなくなるので、
ちょっとバラバラにするのには躊躇するが、
これならいくら分解しても構わない。
また、稼動するパソコンについては、
ただ単にWindowsマシンにするのも面白くないので、
ubuntuというLinuxマシンとWindowsXPのデュアル・ブートに。
デュアル・ブートの仕組みは以前ディプロマの学生に教えたのだけれど、
何人覚えているのかが甚だ疑問である。
今度覚えているか聞いてみたいと思うが、
あまり芳しくない結果になりそう。
で、ubuntuは今、ディプロマの学生にリナックスの使い方を教えていて、
これはちょうどいい機会。

自分が授業中に技術や知識を教えてもあまり反応が返ってこないけれど、
こうやって現物を渡すとケニア人はすごく喜ぶ。
大切なのは実際に自分が扱えるようになることだよ、と言っても、
まぁコンピュータ学科は実際に物がないと駄目なわけで、
これもよしとしよう。
「大切なのは物なんだよ、バカ」と以前のアメリカ大統領のビル・クリントン風にでも言おうか。
やはり経験上、実際に触れてみないとなかなか知識も技術も覚えないと思うのですよ。
彼らには実機をプレゼントしてあげたので、
どんどんと触ってもらい、色々なことを試してほしい。



f0213817_5205217.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-12 05:22 | アイテム

なにかと忙しい

最近ブログ更新がなかなか出来ない。
ネタがないわけではない、いや逆にかなりあるんだけど、
それを書く時間が取れない。
最近けっこう忙しかったりするのである。
でもあまり忙しいって言うのは好きじゃないんだけどな。
なんだか忙しくしてる素振りを見せるのは、
かっこ悪い気がするから。
でもそんなことも言ってられない状況になってしまったので、
えっちらおっちら働いている。
報告書を書いたり、ワークショップの準備、その他諸々で、
なかなかまとまった時間が取れない6月、7月なのだ。

で、色々と仕事を抱えているわけだけど、
その中でも一番の敵はやはりテスト採点。
先週からタームの終了テストが始まり、
自分の教えている教科もテストが終了し、
採点付けをしているのだけれど相変わらず苦痛。
北斗の拳では「強敵」と書いて「とも」と読むらしいけれど、
まったく持って採点に対しそんな気は起こらない。
何回やっても遅々として進まないし、
慣れもしない。
純日本人が読めない代物のアルファベットを解読するのは拷問以外何物でもない。
教師には向いてないな、ということをこんなところで思ったりする。



f0213817_1111071.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-19 01:12 | 日常

雨上がりに写真を撮る

雨上がり、カメラを持って玄関先の風景を写真で撮る。
相変わらずうまく撮れないけれど、
シャッターを押すのは好きなので、
カシャカシャといろんな被写体にレンズを向けてしまう。

最近また自分の中で50mmが復活してきた。
この画角はなにか好きで、
なかなか上手に撮れないんだけど、
決まった時の格別感がたまらない。
それにしてもGXRのA12-50mmの切れ味は凄まじい。
買って2年以上経つんだけど、
相変わらずそんな風に思わせるレンズってなかなかないよね。



f0213817_0492229.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-19 00:50 | アイテム

1年以上ぶりに蛇口から水が出た

シガラガラの我が家。
家の中の蛇口という蛇口から水が出なくなって1年以上経ったのだが、
それが先日、なんのひょうしかいきなり台所の蛇口から水が出てきた。
これはもう涙ものぐらいの嬉しさ。
さっそく大量に水を溜める。
今まで外の共同水道まで毎日水を汲んでいたのだが、
これがけっこう大変なのです。
それがその時間を大幅に削減できる。
まあ1日朝夕の20分ぐらいずつしかそもそも使えないのだが、
それでも出ないよりかは全然まし。
生活する上で一番大切なものは何よりも水、水、水。
これからも止まらなければいいのだけれど。
でも1年以上も水道水が使えないなんて、日本にいる時は想像もできなかったよ。



f0213817_448877.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-04-30 04:49 | 日常

さよなら森の人

3月の中旬、森の人カトーさんの配属先にて、
さよならパーティーに参加してきた。
カトーさんにはケニア生活でとてもお世話になったので、
カカメガフォレストからいなくなると寂しくなるけれど、
みんな任期があるのでこれもしょうがない。

彼の人柄からか参加人数が50人ぐらいにのぼり、
カカメガフォレストにおける
KWS(Kenya Wildlife Service)、KFS(Kenya Forest Service)の両管轄の属長や、
ディストリクト長である県知事まで出席していた。
みんなスワヒリ語のスピーチであまり理解できなかったのだけど、
一人一人のスピーチは、みんな彼を称えていたのではないだろうか。
なぜか自分も主賓側に座らされてスピーチする羽目になり冷や汗をかいたけど、
多少は笑いを取れたのでまあ即興にしては上出来だったかな。
大人数の集まりが苦手なカトーさんは憂鬱そうな顔をしていたけど、
いい会だったと思う。



f0213817_18112243.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-04-29 18:12 | ケニア

雨季到来

3月はじめ、ようやく雨が本格的に降り出した。
今年の乾季は本当雨が少なかったみたいで、
まさに恵みという感。
やはり、スコールあってのカカメガだ。



f0213817_4143873.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-03-24 04:15 | 日常