ケニア、種を蒔く

タグ:雑記 ( 129 ) タグの人気記事

サバンナの足音が聞こえる

我らがサファリ隊長、巨匠カトーさんから本を借りた。
著者本人から本を借りるという、人生で初のパターン。

タイトルは、「僕は見習いナチュラリスト アフリカ野生王国編」。
巨匠が協力隊に入る前、
マサイマラのロッジでサファリ・ガイドとして勤めていた時の記録とエピソードを綴った本である。
動物、植物、全てをひっくるめて自然が大好きな巨匠であるが、
その思いが溢れている。
マサイマラに来た理由、そしてマサイマラを離れた理由、
そのくだりを読んでいると、本当にこの人はマサイマラが大好きなんだなと分かる。
平易な文体なのであるが、
その中にも心のひだに引っかかるような文章がいくつもあり、
なんとも読んでいて引き込まれてしまった。
また、象とかライオンというスターな動物だけではなく、
どちらかというとマイナー・キャラクターな
イボイノシシにもスポットを当てているのが素敵である。
「イボちゃん」なんて名前付けをしているのも、なんとも彼らしい。
マサイマラに訪れてたことがある人なら、
サバンナの風景がひしひしと思い浮かぶことができるのではないだろうか。
今までにマサイマラに行ったことがある人、
また行ってみたい人にはお勧めできる一冊である。
友達とかご近所さんとかそういう類を抜きにして、素直にいい本だと思った。


僕は見習いナチュラリスト アフリカ野生王国編
加藤直邦著、情報センター出版局刊

ちなみに、ブログもやってたり。
僕は見習いナチュラリスト WEB編



f0213817_322611.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-11-30 03:25 | アイテム

美味しい珈琲を飲む為には

ケニアの飲み物文化はというと、
コーヒーより紅茶、
とりわけミルクたっぷりのチャイという紅茶が好まれる。
このチャイ、美味しいのだけれど、
やはりコーヒー党の自分としては、
このチャイより美味しいコーヒーに恋焦がれる。

ここケニアは、
ナイロビみたいなコスモポリタンな大都会では、
お洒落で美味しいコーヒーを出してくれるカフェやレストランが多々あるが、
地方に行ってコーヒーを頼むと、
当たり前のようにネスカフェのインスタントが出てくる。
カフェ、って名乗るからには挽きたてのコーヒーを出して欲しいのだが、
ここカカメガでは全くもってそんな店はゼロ。
1軒ぐらいあるだろうと色々と周ってみたのだが、
これが予想を裏切られ皆無な状況なのだ。
探した労力を返せと言いたいぐらい、全く持っての無駄足となってしまった。

「なんとしても美味な珈琲が飲みたい!」
ということで色々と思考を深めた結果、
自宅で挽いた豆から飲むのが一番という至極当たり前な結論にいたり、
豆とコーヒー・プランジャーを買ってきた。
豆はdormansの粗引きを選び、
プランジャーはまあそんなに高くない代物だけど、
これでいれると、
ほんのりとコーヒーの香ばしい匂いがして、
自宅で飲む分には全くの合格点。
それよりも、カカメガのカフェで飲むインスタントよりかははるかに美味しい。

ケニアもコーヒー豆の出荷量はかなりあるのだが、
残念ながら自国でコーヒーを飲む文化はそれとは比例していなく、
ポピュラーとはまったく言いがたい。
ケニアに美味しいコーヒー文化が花開くまでは、
自宅でせっせと自分で注ぐことになるんだろうな。



f0213817_724897.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-11-10 07:25 | 好きなもの

夜食を取りながら深夜食堂

海外で見よう、日本のテレビ。
その2は「深夜食堂」
最近、食事をしながら見ているドラマはこれだ。

ちょうど2年前、会社から帰ってきた深夜、
ウダウダとソファで寝転がってテレビのチャネルを切り替えていたら、
最近のテレビ画面からは全く見られないようなオープニングに出くわした。
その昭和レトロ風の作りに引き込まれ、
本編まで見たのだが、何とも味わい深い作品だった。
それが初めてみる深夜食堂のドラマであったのだが、
その回はもうシーズンのかなりの後半で、
全部のストーリーは見られなかった。
なんだか惜しく、いつか見てみたいと思っていたのだが、
ビデオも出ているし、
時間も(不本意ながら)かなりあることなので、
親が視察の旅に来るタイミングで、
DVDを持ってきてもらった。

めしやのオーナー、マスター役の小林薫がなかなか渋い。
こういう役をやらせたら一品である。
また不破万作のあの客はまさに原作のまんまだから、
不破をイメージしてあのキャラクターを作ったのかと思う。
また、安藤玉恵、でんでん、おかだ森魚、風間トオル、オダギリジョーなど、
渋めで確かな俳優人が出演しているのも魅力。
またもう一方の主役である毎回毎回出る食事は、
ウィンナー、ねこまんま、ポテトサラダ、カツ丼、焼きそばと、
普段食べるような食事なのだけれど、
ケニアで見ていると涎が出てくる。
ストーリーもほろ苦いというか、味が染み出ているというか、
最近、涙腺が弱くなったこともあり、
2回に1回はなんだか涙ぐんでしまう作品だ。

心も小腹も満たしたい人には確かにお勧めの作品。
現在日本ではパート2が放映しているらしいので、
帰国した時に見てみたい。


「深夜食堂」公式サイト



f0213817_7323562.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-11-03 07:33 | 日本

ケニアでどうでしょう

海外生活をしていると日本の物が恋しくなったりする。
食事、服、音楽、その他諸々。
その中の1つにテレビ番組がある。
日本で一人暮らししていた時はテレビは持っていなく、
また実家にいた時もスポーツか旅番組しか見ていなかったのだが、
日本が恋しいのか、ケニアに来てから日本のテレビ番組をよく見るようになる。
確実に日本に住んでいる時より見ているのだが、
ここ最近見ているテレビ番組を紹介してみたい。
というわけで、海外で見よう、日本のテレビ。その1。

1ヶ月ほど前までは伝説のお笑い番組、
「水曜どうでしょう」
をよく見ていた。
名前を知っていたのだが、
こんなに面白い番組だとは思わなかった。
悔しい、もっと前から見とけばよかった。
今は全国で人気の大泉洋が大ブレークした作品である。
基本路線は男4人で旅をする番組なのだが、
目的地ではなくその途中の過程にスポットを当てている。
その道中記が凄く面白い。
お笑い番組の中では一線を越した出来である。
この番組、北海道の放送局、HTBが製作で、
関東ではテレビ朝日系列なのだが、
拗ねてるのかテレビ朝日の地上波では放送していない。
全国でかなりの視聴率を取っているので、
関東でもオンタイムでやってくれよと思ったものであるが、
こうして今、ケニアで見ている次第である。


「水曜どうでしょう」公式サイト



f0213817_7294194.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-11-03 07:30 | 日本

空から見るケニア

ナクルからナイロビ経由でマサイマラへ。
マサイマラへの移動には飛行機を使ったけど、
人生初のプロペラ機。
あまり高くは飛べないので、
地上が見える高度で移動するのだが、
空からケニアの大地がよく見える。
飛行ルートは乾燥地帯が主だったのだが、
なかなかワクワクする光景。
やはり車窓は好きである。



f0213817_9155677.jpg




f0213817_9162119.jpg




f0213817_9163276.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-11-02 09:17 | trip

赤道を通過する日常

よくキスムとカカメガ間を往復しているが、
実はカカメガは北半球、キスムは南半球に属している。
こういうロケーションはなかなかレアケースなのではないか。
ということで、キスム-カカメガ道路間には赤道が通っていたりする。
ガンボギという町の外れに赤道が通っていて、
控えめに看板が立っていたりするのだが、
これが実に寂れててしょぼい。
地元ケニア人もあまり興味が無さそうで、
毎日通っていたらけっこうどうでもよくなるのかも。
記念碑が好きな日本人にはとっても魅力的なのだけれどね。



f0213817_4232234.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-10-28 04:25 | ケニア

オイル・サーディン

オイル・サーディンのスパゲティ。
最近の新規開拓料理の中ではなかなかの品。



f0213817_4543810.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-10-23 04:55 | 日常

鏡のような湖

久々にナクル湖へ。
展望台から見える湖が、
空を鏡のように写していて、
思わず見入った。



f0213817_5233627.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-10-18 05:24 | trip

ケニア人もそれぞれ

マサイマラで買った木彫りのお土産を居間に飾っていたら、
当校電気技師のエリウッドが見つけて曰く、
「いい品物だねー」
との事。
1000Kshを500Kshに値切った品なのはここだけの話だが、
彼、興味津々で眺めるのであった。
ケニア人でも民族が違えば生活様式も違うとあってか、
カカメガのルヤ人にとっては、
マサイ族はまったく異なった習慣の人々。
たまにエリウッドの家に遊びに行くと、
どこにでもあるような普通の家具しか置いていなく、
テレビを見ながら寛いでいるのがいつもの彼のライフスタイル。
同じ国でもところ変われば、文化も様々ということかな。



f0213817_3211827.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-10-02 03:23 | ケニア

好きな車窓から

ナイロビとナクル間の道路沿いに、
リフトバレーを見渡せるビューポイントがある。
晴れている日だと遠くの丘陵まで見渡せてかなりの絶景。
好きな場所。


f0213817_1444867.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-09-29 01:45 | ケニア