ケニア、種を蒔く

タグ:ぶらつく ( 53 ) タグの人気記事

paje snap

f0213817_20394288.jpg




f0213817_2040294.jpg




f0213817_2040102.jpg




f0213817_20402183.jpg




f0213817_20403076.jpg




f0213817_20404063.jpg




f0213817_20405142.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-20 20:41 | trip

パラダイス・ビーチ

ザンジバル島の東海岸にパジェという地域がある。
ここはビーチスポットとして有名なのだが、
行ってみた感想は確かに飛び抜けている開放感。
たぶん人生の中で一番白いビーチに出会ったかもしれない。
どこまでも続く白い砂浜と遠浅の海がまるでパラダイス。
遠くで海産物を取っている人々や魚釣りをしている人も見かけるが、
まさしく別世界のような光景だった。
こんなところでは何もしないのが一番よろしい。
本を読んだり、ただ海を眺めているだけで、
何もしないような単にリラックスする目的だけで十分1日を満喫できる。
パジェでは3泊していたけれど、
スペシャルなことをしたといえばダイビングをしたぐらいか。
それ以外は、のんびりと過ごした。
こういう楽園的リゾートで何もしない休日を過ごすのも、
1年に一度ぐらいはいいかもしれない。



f0213817_20353921.jpg




f0213817_20355949.jpg




f0213817_2036119.jpg




f0213817_20362534.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-20 20:39 | 海外

石の街

ダル・エス・サラームから海を渡ること2時間。
ザンジバル島という所がある。
ここはタンザニア連合共和国の構成する一つの自治州だが、
行政面、政治面で大陸側とはかなり独立した運営となっており、
ちょっと本土側とは異なった文化が味合える。
実際、ダル・エス・サラームから海路で入ると、
島に入る時には出入国手続きが取られたりする。

そんなザンジバルの玄関となるのがストーンタウンである。
ここは16世紀、17世紀に奴隷貿易や香辛料貿易などで栄えた街で、
石造りの建物の立派な建物で街が構成されている。
ちょっと中に入るとまさしく迷路でしばらく出てこれなくなるのでは。
実際自分も3分で迷ったりしたし。
路地裏では庶民が普通に生活している。
機織している人や、物売り、また何かボードゲームで遊んでいたり。
それを見ているのもなかなか楽しい。
雰囲気的に、燦燦と降りそそる太陽に白い建物でなかなかお洒落な街感である。
こんな場所だと当然リゾートであるわけで、
主にヨーロッパから来る白人で溢れている。
ハイシーズンに行ったのでかなり人がいすぎだった。
あまり人がいない閑散期に今度は行ってみたいな。



f0213817_20312873.jpg




f0213817_2031418.jpg




f0213817_2032475.jpg




f0213817_20322792.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-20 20:34 | 海外

バオバブの森

ドドマ近郊のワイナリーの近くでは、
バオバブの森が広がっている。
ケニアと違ってタンザニアはけっこう内陸部までバオバブが生えているみたい。
見てて楽しいバオバブの森。



f0213817_5121232.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-12 05:12 | 海外

首都のワイナリー

ドドマ近郷にワイナリーがある。
タンザニア唯一か東アフリカ唯一かは忘れてしまったが、
荒涼とした風景を歩いていくと、
いきなり立派なワイナリーが目の前に聳え立っている。
いきなりいったので最初一悶着あったけど、
ワイナリーのご好意で工場見学をさせてもらう。
ワイナリーにいったのは
オーストラリアのアデレード近郊にあるバロッサ・バレー以来の2回目。
バロッサ・バレーの方はもう完全に先進国のワイナリーという感じで、
かなり近代的であったが、
ここドドマの方は設備はそれなりに新しいがこじんまり感があった。
着いたのが朝9時過ぎぐらいだったが、いきなり試飲。
今回はタンクから直接試飲させてもらった。
朝からワインを飲めるなんて幸せと思ったが、
タンクからとりたてのワインってちょっと味が違う。
あっさりしているんだけど深みはない、と言えばいいのかな。
まあ飲みやすくはあるのだけれど。
ここで今まで飲んだワインの中で最も甘いワインを買っていったのだが、
たぶん街で買う値段の半額ぐらいではないかと思うほど安い値段で買えた。
アフリカでワイナリー見学というのもなかなか面白かった。



f0213817_59318.jpg




f0213817_594632.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-12 05:10 | 海外

ドドマの日本人

8月に行ってきたタンザニアのお話。
ドドマで数十年タンザニアに暮らしている日本人が経営しているお店に行ってきた。
名前はツバキさん、元協力隊員で、
1970年代前半から約6年間も協力隊で活動していたそう。
昔は今と違ってもっと何もかも大らかだったそうで、
ここ最近の協力隊は活動を延長するにしても、
理由もJICAが認める理由でかつ配属先もきちんと説明できる理由じゃないと、
なかなか延長は認められないが、
当時は本人がいたいといったら活動先がOKを出せば簡単にできたそうで。
それも延長も何回もできたのだそうだ。

そんな彼女はもう40年近くタンザニアに在住している。
そしてドドマに来たのは20年ぐらい前。
ここでバオバブの実から油やら石鹸を作る会社を立ち上げたのだが、
最近タンザニアでもちょっと人気のお店となっている。
100%天然バオバブの実ということで、
健康やお肌にいいとタンザニア全土で評判になっているのだそうだ。
どうやら数年前に開催された展示会で、
彼女のお店が優勝してそれから火がついたらしい。
店の前に立っていると、
引っ切り無しに人がやってきて、
色々な商品を買ってゆく。
どんどんど品切れになっていってしまった。

ここの製作過程も見せてもらったけど、
たしかにずーっと稼働中。
みんなせっせと働いている。
品のバオバブの実はこの辺一帯は豊富にあり、
原材料としては安いしすぐに手に入る。
油を絞りそのカスが大量に積まれていて、
それからも人気のほどが伺える。
この商品、欧米や日本で売ったらかなり高価に売れるのではないかと思うが、
あまりその気はないみたいらしく、
あくまで地元というかタンザニア人の為に売りたいのだそうだ。
なるほど、さすが協力隊あがり、一本筋が通ってるというか。
「協力隊から数えて40年近くいるけど、ようやく最近やりたいことができてる」
と言っていたのが印象的だった。
自分も今協力隊員なので、なにかとても共感できるような彼女の笑顔だった。



f0213817_562262.jpg




f0213817_564394.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-12 05:07 | 海外

タンザニアの庭園見学

ドドマには同期が2人派遣されている。
もう一人の職種は造園。
彼の職場というか、彼の仕事先である公園を見せてもらった。
ケニアもそうだがタンザニアもちょっとした公園というものがなかなかない。
その為、彼がこのドドマの首都開発局に配属されて、
児童公園ぐらいの大きさの憩いの場を作成している。
そこに訪れてみると、やはり東アフリカではあまりみられないような作りの広場が広がっていた。
一定に植えられている苗木や綺麗な囲いなど、
よく手入れをされている感じで、
思わずケニア標準を見ている者としては、おー、と驚いてしまった。
日本でも造園関係の人とはほとんど知り合いがいなかったので、
アフリカでもこうやって話を聞いているだけで面白かった。



f0213817_622581.jpg




f0213817_62444.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-06 06:03 | 海外

3カ国揃い踏み

タンザニア、ドドマでの同期訪問中。
ウガンダで同じ班だった人が偶然のタイミングで同じに訪問。
ウガンダ、タンザニア、ケニアの東アフリカ共同体プチ同窓会となった。



f0213817_5264219.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-06 05:27 | 海外

タンザニアのリハビリ見学

タンザニアでは同期隊員を訪れてドドマに行った。
ドドマはタンザニアの行政上の首都。
ここには国会や一部行政機関がある。
あまりタンザニアに詳しくない人だと、
タンザニアの首都はダル・エス・サラームだと思ってしまうだが、
憲法上の首都はここなのだ。
30年程前、行政上の首都をダル・エス・サラームからドドマを遷都しようという計画が持ち上がり、
実際動き出したのであるが、
いざ遷都しようという段階になって、やれ遠いだの田舎だのインフラが整ってないなど、
国会議員、公務員が文句を言い出して中途半端にしか移ってきていないのだそうだ。
まだ遷都する計画は残っているそうなんだけど、
さあ何時になる事やら、みたいなんだそうな。

そんな国家からも冷遇されている首都、ドドマであるが、
ここにも隊員が派遣されている。
その中でも訓練所時代で同じ班の友達がいたので、
彼を訪れに行き、そこで大変お世話になった。
理学療法士として派遣されている彼は病院のリハビリセンターに勤めていて、
そこで毎日患者のリハビリを行っている。
そこの現場を見せてもらったのだが、
普段見ることができない医療系の職場、特に海外ということで、
なかなか興味深かった。
彼のベラベラのスワヒリ語で患者とのコミュニケーションが絶妙。
終始笑顔に包まれていて、
見ているこっちまで微笑ましくなった。
充実しているような活動で、なにかちょっぴり羨ましくもあった。
これも隣の庭は青いということなのだろうか?



f0213817_519441.jpg




f0213817_521271.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-10-06 05:22 | 海外

東アフリカを歩く、タンザニア編

4月のターム休みはウガンダ。
5月、6月、7月はお仕事をして、8月のターム休みに今度はタンザニアに行ってきた。

タンザニアもスワヒリ語を公用語としている国。
なのでケニアと同じような感じなのかと思うかもしれないが、
これが雰囲気がなにかと違う。
ケニアとタンザニア、両方行ったことがある人がよく言うことは、
ケニア人よりタンザニア人の方が人がいいというのだけれど、
行ってみて、その感覚がなんとなくわかった。
タンザニア人は、なにかと落ち着いた感じがあるので、
接しててもそんなにストレスを感じない。
また、アグレッシブさもあまり感じないので、
一緒にいると居心地がいい、というふうになる。
まあこれは旅行者の視点であって、
両方の国で仕事をしたことがある専門家の方が言うには、
どっちもどっち、ということになるらしいけど。

タンザニアでは、
ダル・エス・サラーム、ドドマ、そしてザンジバルに行ってきたが、
その具体的なお話は、またおいおい。



f0213817_585846.jpg




f0213817_591749.jpg




f0213817_593530.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-09-29 05:10 | 海外