ケニア、種を蒔く

旅をしたゴミ

ゴミは旅をする。
現代社会に生きる私たち人々は様々の物を日々買っている。
物を買うと必然的に出てくるのはゴミというものであり、
包装紙、ビニール、食べ残し、もしくは使い古した物そのものであったり。
そうやって出てきたゴミはゴミ箱へ、
またはその辺に打ち捨てられ、
なかにはそのまま放置されていたりするものもあるが、
大半は廃品回収業者に回収される。
集められたゴミはトラックに乗って持ち運ばれ、
近い距離、長い距離、様々なゴミは様々な経路を辿っていくが、
どんなゴミでも行き着く所は最終処分場となる。

ナイロビ市の郊外のダンドラ(Dandora)に最終処分場があり、
そこはナイロビ市内からのゴミが収集されてきているのだが、
そう、旅をしてきた全てのゴミはここに集まる。
10月の中旬、
環境教育系の青年海外協力隊員が主催するスタディ・ツアーが開催されたのだが、
今回の目的はこのダンドラのゴミ処分場見学。
以前見たBBCの写真特集でこの処分場に興味が沸き、
ぜひ行ってみたいと思いすぐに参加のメールを送った。

ダンドラはナイロビ市の東部にあり、
中心から約30分ぐらいか。
どこにあるのだろうと思っていると、
住宅街の中にいきなりゴミ山が聳え立っているのが見えてくる。
周りは住宅に囲まれているが一歩入るとゴミの山が堆積しており、
また壁一つ隔てて小学校も隣接している。
境界線のあっちとこっちとでは全く違った光景が広がっているのだが、
ここの施設担当者から聞いた話によると、
1日当り700tから1000tの量が運ばれてきて、
昼夜問わず職員が対応している。
1986年に完成してだいたい四半世紀経っているが、
面積が25haもある広大な敷地はもう埋め尽くされて限界を超えているとのこと。
トラックから運ばれてきたゴミはブルドーザーなどで単にならされるだけらしい。

周囲はゴミの異様な匂いが立ち込め、
かなりの数のハゲコウが頭上を飛んでいたり、また生ゴミを漁っていたりするが、
そんな中で、
ウエィスト・ピッカーまたはスカベンジャーという人々がここで生計を立てている。
ここで捨てられたゴミを漁りリサイクル品として使えるものを拾って、
お金を稼いでいる人たちのことをいう。
集められているゴミは分別なんでされていないので、
こうやってダンドラの処分場で手作業で彼らが仕分けしている。
なかにはここから出たこともない人がいるらしく、
文字通りダンドラが自分の世界となっている。
大半の日本人にとってはなかなか想像するのが難しいヘビーな現実である。
高台に立ち、辺りを見回してみると、
食事をしている人やチャイを飲んでいる人もいれば、
ビリヤード台なんかも置かれていたりして、
ここが生活圏であることが簡単に見てとれる。

ゴミ山で有名なのはフィリピンのスモーキー・マウンテンなどが挙げられるが、
ここダンドラも、
ある調査機関によると世界で最も汚染された地域の一つに数えられる。
実際建設当初、元々ここは廃棄処理施設としての位置付けをしていなかった為、
汚染水の管理が十分ではなく、
近くを流れているナイロビ川等に汚染された水が流れ込んでいる。
また自然発火、野焼きなどの日々煙が出ており、
この辺に住んでいる健康被害も相当なものである。
この辺での就労者や近状に住んでいる人々は、
肺を悪くする人が多いそうだ。
自分も2時間ぐらいいただけで気分が悪くなってしまった。

このダンドラのゴミ処分場、
とっくにオーバー・キャパシティなのでナイロビ市がJICAの協力により
新しい処分場を立てる計画があるのだが、
様々な問題があって現在暗礁に乗り上げているらしい。
その一つにはこのウエィスト・ピッカーたちの生活も関わっていて、
処理施設が移転すると彼らの仕事が無くなる訳で、
彼らは当然反対するわけだ。
また移転してからといってもここにある数十年も積み重ねられたゴミの大山は、
現状ではただ放置するしか手がないそうである。
たまに堆積したゴミが崩壊し、人が巻き込まれて死者も出ているとのこと。
問題があるのはみんなが分かっているのだが誰も手がつけられない状態、
というまさに見本なような所だ。

もし可能であれば、人は一度はこういう光景を自分の目で見たほうがいいかもしれない。
どんなに言葉を紡いでも、実際に見てみないことには分からない景色が世の中にはあるのだから。



f0213817_20451452.jpg




f0213817_20453551.jpg




f0213817_20454523.jpg




f0213817_20455474.jpg




f0213817_204669.jpg




f0213817_20461872.jpg




f0213817_20463127.jpg




f0213817_22384879.jpg




f0213817_2236462.jpg




f0213817_22393269.jpg




f0213817_2240677.jpg

[PR]
# by tanewomaku | 2012-10-20 21:02 | ケニア

柵がなくなっていく

1年半以上住んだシガラガラは、だいぶ慣れてきたとは思うのだが、
何故に、と思うことがまだまだある。
その一つが、軒先の柵。
以前は張り巡らされてあったのだが、
いつの間にか、どんどん櫛状に抜かれていってる。
誰かが勝手に抜いていっているのだけど、
怒ったほうがいいのか?
自分のいる前で抜いていった人はまだ見たことないので、
柵を抜いている人も悪いことをしていると思っているのだろう(と淡い期待)。
防犯上の問題もあるが、
洗濯物の干し場がなくなったりもしてけっこう迷惑。



f0213817_20423992.jpg

[PR]
# by tanewomaku | 2012-10-20 20:44 | 日常

paje snap

f0213817_20394288.jpg




f0213817_2040294.jpg




f0213817_2040102.jpg




f0213817_20402183.jpg




f0213817_20403076.jpg




f0213817_20404063.jpg




f0213817_20405142.jpg

[PR]
# by tanewomaku | 2012-10-20 20:41 | trip

パラダイス・ビーチ

ザンジバル島の東海岸にパジェという地域がある。
ここはビーチスポットとして有名なのだが、
行ってみた感想は確かに飛び抜けている開放感。
たぶん人生の中で一番白いビーチに出会ったかもしれない。
どこまでも続く白い砂浜と遠浅の海がまるでパラダイス。
遠くで海産物を取っている人々や魚釣りをしている人も見かけるが、
まさしく別世界のような光景だった。
こんなところでは何もしないのが一番よろしい。
本を読んだり、ただ海を眺めているだけで、
何もしないような単にリラックスする目的だけで十分1日を満喫できる。
パジェでは3泊していたけれど、
スペシャルなことをしたといえばダイビングをしたぐらいか。
それ以外は、のんびりと過ごした。
こういう楽園的リゾートで何もしない休日を過ごすのも、
1年に一度ぐらいはいいかもしれない。



f0213817_20353921.jpg




f0213817_20355949.jpg




f0213817_2036119.jpg




f0213817_20362534.jpg

[PR]
# by tanewomaku | 2012-10-20 20:39 | 海外

石の街

ダル・エス・サラームから海を渡ること2時間。
ザンジバル島という所がある。
ここはタンザニア連合共和国の構成する一つの自治州だが、
行政面、政治面で大陸側とはかなり独立した運営となっており、
ちょっと本土側とは異なった文化が味合える。
実際、ダル・エス・サラームから海路で入ると、
島に入る時には出入国手続きが取られたりする。

そんなザンジバルの玄関となるのがストーンタウンである。
ここは16世紀、17世紀に奴隷貿易や香辛料貿易などで栄えた街で、
石造りの建物の立派な建物で街が構成されている。
ちょっと中に入るとまさしく迷路でしばらく出てこれなくなるのでは。
実際自分も3分で迷ったりしたし。
路地裏では庶民が普通に生活している。
機織している人や、物売り、また何かボードゲームで遊んでいたり。
それを見ているのもなかなか楽しい。
雰囲気的に、燦燦と降りそそる太陽に白い建物でなかなかお洒落な街感である。
こんな場所だと当然リゾートであるわけで、
主にヨーロッパから来る白人で溢れている。
ハイシーズンに行ったのでかなり人がいすぎだった。
あまり人がいない閑散期に今度は行ってみたいな。



f0213817_20312873.jpg




f0213817_2031418.jpg




f0213817_2032475.jpg




f0213817_20322792.jpg

[PR]
# by tanewomaku | 2012-10-20 20:34 | 海外