ケニア、種を蒔く

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なにかと忙しい

最近ブログ更新がなかなか出来ない。
ネタがないわけではない、いや逆にかなりあるんだけど、
それを書く時間が取れない。
最近けっこう忙しかったりするのである。
でもあまり忙しいって言うのは好きじゃないんだけどな。
なんだか忙しくしてる素振りを見せるのは、
かっこ悪い気がするから。
でもそんなことも言ってられない状況になってしまったので、
えっちらおっちら働いている。
報告書を書いたり、ワークショップの準備、その他諸々で、
なかなかまとまった時間が取れない6月、7月なのだ。

で、色々と仕事を抱えているわけだけど、
その中でも一番の敵はやはりテスト採点。
先週からタームの終了テストが始まり、
自分の教えている教科もテストが終了し、
採点付けをしているのだけれど相変わらず苦痛。
北斗の拳では「強敵」と書いて「とも」と読むらしいけれど、
まったく持って採点に対しそんな気は起こらない。
何回やっても遅々として進まないし、
慣れもしない。
純日本人が読めない代物のアルファベットを解読するのは拷問以外何物でもない。
教師には向いてないな、ということをこんなところで思ったりする。



f0213817_1111071.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-19 01:12 | 日常

雨上がりに写真を撮る

雨上がり、カメラを持って玄関先の風景を写真で撮る。
相変わらずうまく撮れないけれど、
シャッターを押すのは好きなので、
カシャカシャといろんな被写体にレンズを向けてしまう。

最近また自分の中で50mmが復活してきた。
この画角はなにか好きで、
なかなか上手に撮れないんだけど、
決まった時の格別感がたまらない。
それにしてもGXRのA12-50mmの切れ味は凄まじい。
買って2年以上経つんだけど、
相変わらずそんな風に思わせるレンズってなかなかないよね。



f0213817_0492229.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-19 00:50 | アイテム

SNSのちから

ここ1、2年でSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が日本でも本格的になってきた。
2000年初めからmixiみたいなサービスがあったけど、
東日本の震災があってから、
アメリカ生まれの本格派、facebookやtwitter等の有用性が巷でも認識され始め、
ここ最近ではブームではなくしっかりと根付いてきたと思う。

先日、ギャップイヤーを推進している団体から、
彼らが運営しているホームページ上のコーナーに、
エッセーの寄稿をお願いされた。
その寄稿依頼がtwitter経由。
どういう経緯で自分が選ばれたのかは分からないけど、
twitterのダイレクトメッセージでこういう依頼もくるようになったって、
なんだかすごい時代になったものである。
情報を検索するという手段が、
10年前と比べ比較的ハードルが低くなってきているので、
ちょっと変わったことをやっている人間を見つけて
コンタクトを取るというのが、
より簡単になってきたということなのであろう。
SNSによって、
新しい人生を切り開いた人や知らなかった世界を見つけた人もいっぱいいるわけで、
この新参のコミュニケーション手段が、人生を豊かにしてくれる一つのツール、
となってくれることを期待したいね。

先日その文章を提出したが、さっそくホームページに掲載された。
ご興味があれば、ぜひ。


JGAP エッセイ集 フロンティア・フォーラム:
「ケニアでPCを教える日常で想うこと」



f0213817_1744631.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-08 17:50 | アイテム

ATM的にありえない

キスムにあるCBA(Commercial Bank of Africa)でお金をおろそうと思い、
街の中心地にあるATMに向かった。
キャッシュカードをいれ、5,000Kshと入力。
そして処理が始まるわけだけど、
日本であるなら、
まずこの預金口座からお金をおそす、という作業では何も起こらない。
というか、ATMでのトラブルなんてありえない。
が、ここはケニア。
想定外の出来事が、いつどこからともなく襲ってくる。
そう、今回はこのATMで襲われた。
入力後の処理である、
このトランザクション(本店のメインコンピュータとのやり取り)中に、
ATMがまさかのクラッシュ。
いきなり再起動がかかり、
パソコンでよくお見かけする画面のBIOSやWindowsXPのスプラッシュ・ロゴが現れる。
まったくしょうがないATMだなとイライラしていて待っていたが、
待てども待てどもウンともスンともATMがいわない、というか画面に何も現れない。
10分ぐらい経った後、ようやく画面の端っこに何か文字が現れたと思ったら、
"error code:C99"という文字。
使えねぇ…
ということで、再起動直後にキャッシュカードは出てきていたので、
他の銀行のATMに行って口座残高を確認すると、
しっかりとさっき引き落とそうと思った5,000Kshが引かれている。
マジで使えねぇ…
銀行取引の安全性、これって国の根幹となる信頼度を図る一つの指標でしょ。
なのにこの体たらく。
ATMの誤作動は常日頃から頻繁に起こっていたけど、
今回はとうとう誤取引をやってくれてしまっている。
もう体中から力が抜けるほど、まったく呆れかえってしまった。
ケニアで信頼できるシステムって存在するのか?
でもほとんど怒りという感情が芽生えなかったのは、
もうこの国の次から次へとくる理不尽な出来事に対し、
怒る気力もなくなっているということなのかも。
挙句の果てには、まぁこの国だったらこんなこともあるよな、
と逆に妙に納得するものもあった。

さて、失われた5,000Kshは戻ってくるか?
自分の予想だと戻ってくる確率は五分五分といったところ。
これから、
また窓口でクレームをしなきゃならないことを考えると気が滅入ってくるけど、
こういう日常に対処していかないとここでは生きていけない。
自分は期間限定で住んでいる身だが、
ケニア人は生まれてからあの世に行くまで、
こういう理不尽なことに対して闘っていかなければならないわけで、
色々な意味で、そりゃー確かにケニア人ってタフになるよな、と思う。



f0213817_4473678.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-07-03 04:51 | ケニア