ケニア、種を蒔く

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サンブルマサイの人々

サンブルの辺に住んでいる人達はサンブル族と言うそうな。
マサイ族と同根の人たちなので、
サンブルマサイ、などとも呼ばれている。
せっかくサンブルまで来たのだから彼らの生活習慣も見てみたい、
そういうわけで、サンブル・ビレッジ訪問ツアーで彼らの村に訪れてみた。

ここの村は観光客相手とあってか、
みんな民族衣装で出迎えてくれる。
ただケニアと言っても、
最近はやはり民族衣装を着ている人の方が少なくなっていて、
普通のサンブル族の人たちも普段は洋服を来ている。
ここの村を見学するにあたり入場料を支払い、一般見学。
ジャンプ、踊り、学校見学、家見学など
一通り見させて頂いた。
その印象はというと、
非常にオーガナイズされているなということ。
普段ケニアに生活していると、
段取りをきちんとしている場面の方が少なくて、
毎回のように混乱してトホホなことが多いのであるが、
ここの村ではそういうことが一切なく、
非常にものごとがスムーズに進行していた。
やはり外国人相手ということもあって、
その辺はこなれているようだ。
ただケニアに住んでいる身としては、
ちょっと味気ない面もあるけどね。
でもやはり、他国の伝統文化を覗かさせてもらうと、
非日常に潜り込むような感じの面白さを体感することができる。

伝統文化を見世物にするのは、
色々と言われることもあるけれど、
知らない人にも伝える、ということは大事なことであって、
こうやって自分の文化を守っていける側面もあるのではないだろうか。
ただそれで商売をすると軋轢も生まれるわけで、
ここの村は感触的にいって相当な収入があるはず。
その辺のところで他の村からどのように思われているか、
というのも気にならなくはない、かな。
伝統的価値観、そして現代で生活をしていかなければならないこと、
そのバランスかな、それがやはり大事。
そのことをしっかり守っていくことが、
今後の彼らの生活の発展にもつながっていくのではないだろうか。
うまくやっていってほしいものである。

あと今回、カメラを向けてバシバシ撮ったけど、
それは入園料を支払ってのことであって、
普段の彼らは写真撮影されるのを好まない。
だから勝手に撮っちゃうと怒られます。



f0213817_155826.jpg




f0213817_1553334.jpg




f0213817_1554495.jpg




f0213817_1555538.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-26 02:00 | trip

Samburu Snap

f0213817_1495250.jpg




f0213817_150112.jpg




f0213817_1503480.jpg




f0213817_1504869.jpg




f0213817_151641.jpg




f0213817_1512516.jpg




f0213817_1514548.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-26 01:52 | trip

ツウ好みの動物王国

ケニアで最も有名な動物観察ができる所といえば、
マサイマラ国立保護区がやはり断トツなのではないだろうか。
草食動物、肉食動物の数が桁違い。
ここに来ればライオンなんてゴロゴロいる。
そう文字通りゴロゴロいるのだけれど、
それとは別に、
今度はツウ好みのサファリができる場所を挙げろと言われたら、
サンブル国立保護区の名が挙がってくるのではないだろうか。
サンブル国立保護区は、
この辺にしかいない動物が多い。
例えば、
世界一高い動物、アミメキリン。
高い木の葉を食べる為に立つ、ゲレヌク。
縞が細い、グレービーシマウマ。
首が青い、ソマリダチョウ
などなど。
ちょっとレア度が高い動物がここの保護区には存在している。

ケニアに来てからどんどんとサファリレベルを上げて来ているので、
最近普通の人が感動するような動物、
ライオンとかチーターとか象とかより、
こういうマニアック系の動物を発見するほうが楽しくなってきている。
なんとも日本に住んでいる時は考えられなかったけど。

4月の中旬に訪れたこともあって、
シーズンオフでガラガラ。
数十部屋あるようなホテルに3、4組しか宿泊客がいなかったのだが、
ちょっと経営が心配になる。
そして正味2泊2日みたいなスケジュールだったけど、
それでもかなりの動物を見れた。
上記以外に、象、オリックス、ディグディグ、チーター、ホロホロ鳥etcetc。
インターネットで調べてみるとサンブルのビッグ5なるものがあるのだそうだが、
それを全部制覇してしまった。
まあそんな発見が難しい動物ではないんだけどね。
(オリックス、グレービーシマウマ、ソマリダチョウ、アミメキリン、ゲレヌク)
まあライオンとか豹には出会えなかったが、
それが目的ではなかったので今回のサファリでは全く構わない。

こじんまりとした公園だけど、
それなりの密度でいる動物たちに出会える。
それも知る人しか知らない動物たちに。
サファリドライバーもできるケニア人、かついい人だったので、
それもあってかかなり楽しいサファリになった。
また来たいな、サンブル。



f0213817_1393679.jpg




f0213817_1424931.jpg




f0213817_1402626.jpg




f0213817_1404266.jpg




f0213817_141041.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-26 01:48 | trip

こんなところにもポスター

ケニアのエイズ対策隊員が作製したポスター。
エイズ予防を周知させようとの目的であるが、
このポスターを数枚もらってきて、
うちの学校では保健室にはらしてもらっている。
入り口のドアにデカデカとはってあるので、
誰にでも目に入るはず。
ちゃんと趣旨を分かってくれているかな?



f0213817_23325123.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-25 23:34

地獄門アスレチック

ナイバシャの近郷にあるヘルズゲート国立公園(Hell's Gate National Park)。
この国立公園、他の国立公園とはちょっと違う。
まず、自転車で園内を回れる。
ケニア広しといえども自転車でサファリが出来るのはここだけ。
また、ロッククライミングができたり、
岩場を降りたり登ったりとするような場所がある。
非常にアスレチック要素があるのがここの公園の特徴だ。
ゆえに協力隊員に密かに人気がある国立公園なのである。
観光で来るような日本人にはあまり知られていないので、
けっこう穴場な存在なのではないだろうか。

ここで丸一日使って思いっきり遊んできた。
ロッククライミングにまず挑戦。
実は昔からやってみたかったの。
登り始めるとすぐに手足がプルプルする。
最近の運動不足でかなりのへっぴり&ひ弱な登り方だったが、
なんとか最後まで行けた。
高さで言うと20mぐらいなんだけど、
それでもかなり高く感じる。

その後自転車のペダルを漕いで奥へ奥へ。
そこからはアスレチックコース。
崖の上り下りや水の中を進んだり。
こういうアスレチックなトレッキング・コースはニュージーランド以来だったので、
久々の体を動かすトレッキングに心弾む。
下半身びしょ濡れになりながらゴールした。

サファリというと、
だいたい自動車のずっと座っているというコースが多いのだけど、
ここヘルズ・ゲートは非常にアクティブに回れる。
大自然の中で体を動かすことが好きな人なら100%お勧めできる。
自転車を漕ぎながら脇を見るとバッファロー、
これってかなり凄いことなんですよ。

ちなみに帰り道、お座りしているキリンを見つける。
ケニアに住んでいても、キリンのこんな姿を見るのはなかなか稀。
初めて見たよ。



f0213817_23264546.jpg




f0213817_23265454.jpg




f0213817_23272186.jpg




f0213817_23273412.jpg




f0213817_23275593.jpg




f0213817_23281091.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-25 23:30 | trip

窓の外には優雅なキリン

4月のケニアの専門学校は、ターム休み期間中。
この機会で色々なところを旅してきた。
まずはナイバシャ。
カカメガからナイロビに上がる時、
毎回ナイバシャは通過するのだけれど、
立ち寄ったことがなかった。
ナイバシャはナイバシャ湖の畔にある町で、
ナイロビから近いこともあってか高級な保養地もいっぱいある。

ここナイバシャにある国立公園に配属される隊員がいるのだが、
そこに4月のとある週末にお邪魔してきた。
彼が住んでいるのはヒーポ・キャンプという、
学生やら家族連れが週末に訪れるキャンプ場内なのだが、
そこ、普通にキリンとかシマウマとかインパラとかかウロウロしている。
家の窓から外を見てみるとキリンが木の葉を食べている、
そんな凄いロケーション。
なんとも羨ましいような生活だけど、
これもケニアならでは。



f0213817_23234910.jpg




f0213817_2324393.jpg




f0213817_23242084.jpg




f0213817_23244745.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-25 23:25 | ケニア

誕生日をお祝いされる

4月に誕生日を向かえたのだが、
ナクルの日本食レストランでも、
一緒に来た協力隊メンバーからお祝いして頂いた。
もう既にナイロビでも違うメンバーから祝って頂いて、
それで終わりだなと思っていたので、
今回は全くの想定外。
かなりビックリしながらも嬉しく祝福を受けさせて頂いた。
思えば、今までで一番誕生日のお祝いをされているのではないだろうか。
ケニアに来てから人生で一番祝福されるというのも、
なんだか奇妙な感じがしないでもないけど、
素直になんだか嬉しかったな。
こういうふうに祝ってもらえる仲間がいることに感謝である。



f0213817_23213364.jpg




f0213817_23215590.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-25 23:22 | 日常

鳥か牛の豚カツが食べられるお店

ケニア第3の都市、ナクル。
ここに日本食レストランが開業した。
とは言っても、メニューは日本食とイタリアンという不思議な組み合わせなのだけれど。
そういうわけで、日本食に飢えている身としてはチェックせずにはいられない。
とりあえず、豚カツを食べてみたかったので頼んでみると、
なぜか
「チキンにするか、それともビーフにするか?」
と聞かれる。
ここで野暮なことを聞いてはいけない。
豚カツだけど、鳥か牛なのだ。
豚なんていう豚カツは邪道、
そんなここのオーナーのこだわりが垣間見れるわけだ。
チキンの豚カツを頼んだけれど、
実際に出てきた品はそこそこの味で、
まあ日本人でも普通に食べられる感じだった。
ただご飯が白米じゃなくてチャーハンというのが、
なんとも頂けない。
脂っこいおかずにさらにチャーハン、というのでかなり胃もたれしてしまった。
一説によると、
ここの日本食がケニアで一番不味い日本料理を食べさせてくれるということだが、
メニューによってはあり得るというのが感想。
また行く機会があるかわからないけど、
今度行ったら新しい品を開拓しようかな。



f0213817_23155989.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-25 23:20 | ケニア

一緒に喰らえ

やし酒でヘベレケになっていた時に、
同席していた現地の人からの一言。
「日本人は俺たちと同じものを食ってくれるから大好きだ」
この日はつまみに牛の煮込みを食べてたのだが、
旨い旨い、と食べていたのだ。
この人から聞くところによると外国人にも何回が振舞ったみたいだけど、
なかなか口につけようとしないんだって。
それを聞いて日本人って、食に関しては飽くなきチャレンジ精神を持っているのだなー、
と何か納得できるという思いになった。
自分ができる限り現地で出された食事を食べようと思い始めたのは、
辺見庸の「もの食う人々」を読んでからかな。
チェルノブイリで原子力スープまで飲んだ著者の凄さに感激して、
自分もこの姿勢を見習いたいと幸か不幸か思ってしまった。
彼らが食ってるんだから、腹は壊すことがあったとしてもまあ死ぬことはないだろう、
ということで、インド、ケニアと途上国で面食らう料理が出てきても、
一口は必ず食べるようにしてきたのである。
食えるものは食う、生きていくにはこの姿勢が大切なのではないだろうか。
傍から見ると、日本人も相当奇妙なものを食べてるからな。
生魚、いくら、海苔、納豆、ごぼう、いなご、etcetc
日本人だったらいたって普通な食材だけど、
外国人からは相当奇異に見られる。
そんな彼らも、
日本に長く住んでいるうちに逆に好物になってくる物もいっぱいあるわけで。
まあ要するに、食べ慣れたら何であろうとどっていうことないのだろう。
そんな姿を見て、我ら日本人も彼らに好感を持つ人も多いことと思う。
現地の人と仲良くなるには、
やはり彼らと同じものを飲み、同じものを喰らうことが大切。



f0213817_23253227.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-15 23:29 | 海外

やし酒でへべれけ

先月コーストサイトに行った時、
ちょっと中に入ったところにあるクワレというところに赴任している
隊員のところに遊びに行ったのだが、
そこでやし酒を飲んできた。
地元ではよく飲まれていて、
韓国でいうと濁酒みたいな感じで家庭でも作られている。
ちょっと試しに飲んでみるとすっぱい。
が確かにアルコールも分かるぐらいには入っている、何パーセントぐらいだろう?
調子に乗って4、5杯飲んだら完全に酔っ払ってしまった。
ケニアのやし酒は実から1昼夜滴り落として発酵させるという手法。
枝や葉からではないので大量にできるそうだ。
あぁ、やし酒、はまれば美味しいかもと思うのだけれど、
残念ながら自分が住んでいる西部地域にはないんだよな。



f0213817_237299.jpg




f0213817_2375521.jpg




f0213817_2381646.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-05-15 23:09 | ケニア