ケニア、種を蒔く

<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アントニオ猪木酒場で

昨年の12月初旬に二本松での訓練が終わり、
ケニアに派遣されるまで1ヶ月ほど時間があった。
出国への準備期間などに当てるものだけど、
忙しい時間を遣り繰りして、人と会うのもその間の楽しみの一つである。
そこで訓練中語学で同じ班だったメンバーを中心に、
東京で集まろうという話になり、
新宿で12月中旬、
担当の先生を含めて飲みにいったのだが、
そこには相川さんもメンバーに含まれていた。
彼女、黒縁の眼鏡がなかなかチャーミングで、
素直な性格なのだろう、
色々な物事に興味があるように見える、好奇心旺盛そうな素敵な女性だ。

彼女と最初に知り合ったのは、
確か訓練中の所外活動でのバス移動中だったと思う。
所外活動というのは、近くの施設に行ってボランティアをしてきなさいという、
一種の異環境でどのような行動が取れるかという訓練活動なのだけれど、
そこに行くバスの座席が隣同士になったのだ。
お互い老人ホームに行くことになっていたので、
何をするのだろうという世間話をしていた。
帰りのバスでは、こちらは精神的にタフな現場に配属され、
身も心もグッタリしていたのだが、
彼女はまだまだ余裕そうにニコニコと喋っていたものだった。
また、彼女の勤めていた先がちょうど自分が住んでいた最寄り駅だったので、
その話で盛り上がったりもした。
「わたし、前ダイクマがあった近くに住んでてそこから毎日歩いて通っていたのよ」
とか、
「バーズに入っているあの店が美味しい」
など、訓練所では全国から人が集まるのだけれど、
地元の人しか分からないような共通な話ができて、
なんだか同郷の同志のように感じていた。

1次会の時間が終わりになった為、会は自然と2次会へ。
誰が行こうと言い出したのか忘れてしまったが、
「アントニオ猪木酒場」という店に行く。
店内に入った瞬間ゴングが鳴るという風変わりな趣向な酒場で、
アントニオ猪木をモチーフにしたなんとも味のある飲み屋だ。
相川さんも、ゴングが鳴る度にキャッキャッと喜んでいた。
クラス担当のカナダ人の先生ををからかいながら、
そこで、みんなで酔っ払いバカ話で盛り上がった。
師走のとある日、結局終電まで飲んでいた。
たいして実のある話はしていないのだけれど、
ふとしたきっかけで、あのアントニオ猪木酒場のことを思い返したりする。
普通の飲み会だったのだけれど、
こういう会の方が意外と心に残ったりするのは、
きっと心が温まるいい会だったからなのであろう。

先日、旅先中のワタムで友達からメールが来た。
相川さんが赴任先のナミビアで交通事故に遭われてお亡くなりになられた、と。
メールを見た瞬間、茫然自失となった。
かけていい言葉というものが全く見つからない。
心からご冥福をお祈りしたい、とだけ今は言っておく。



f0213817_6484958.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 06:57 | 日本

地獄のキッチン

どういういわれかは知らないけど、
ヘルズ・キッチン(Hell's Kitchen)という場所がある。
こちらもワタムの郊外というか、
マリンディ(Malindi)という街の郊外にある観光地。
ここはケニアのグレートキャニオンと言われていて、
岩の景観美が美しい。
最初は、ヘルズ・キッチンという食堂かなんかあって、
そこに行くのかなと全くの勘違いをしていたのだけれど、
行ってみたら爽快な景色が広がっていた。
ここから見る夕日は圧巻で、
地平線の真下に沈む太陽はそうそう見られない。
この落ちる夕日を見て、
アフリカに来てるのだなー、と初めて実感が沸いた気がする。
もしご興味があれば一度お立ち寄りを。
マリンディから車で1時間半である。
マタツ等の公共交通機関が乏しいところなので、
車をハイヤーした方が便利。



f0213817_55342.jpg




f0213817_5532698.jpg




f0213817_5533676.jpg




f0213817_553491.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 05:54 | trip

石の遺跡

ワタムの郊外にゲデ遺跡というものがある。
ケニアでは珍しい石の文化。
なんだかルパン3世の世界に迷い込んだような所だった。



f0213817_538396.jpg




f0213817_5385520.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 05:39 | trip

海辺の村

モンバサから車で約2時間北上したところにワタム(Watamu)という村がある。
こじんまりとした海辺のリゾート地という感じで、
前々から行きたかったので、今回訪れてみた。



f0213817_527534.jpg




メイン通りを挟んでお店が並ぶという感じで、
どこか暑い土地特有ののんびりとした感がある。
イタリア人が多く住んでいるので、
地元のケニア人からもよく「チャオ(やあ)」と言われるのが気持ちがいい。
また昔日本人が長く住んでいたみたいで、
よく「こんにちは」とか「さよなら」と言われる。
他の町だと大体「ニイハオ」と言われていたので、
こちらも新鮮で驚き。
そして食事が旨い。
イタリア料理はもちろん美味。
パスタ、ピザ、ジェラード、
ほとんど何をとってもはずれはなかった。
またコーストサイトの地元民料理もなかなかのもの。
ムシカキの肉は本当に美味しい。



f0213817_528252.jpg




郊外には海洋公園があり、
そこにも協力隊員が派遣されていて、
この人の紹介でマングローブ林やシュノーケルのツアーをしたのだが、
これもなかなか良かった。
海に潜ったのは2年前の宮古島以来だったので、
テンションも上がったな。
コバルトブルーっぽい水の色が心をワクワクさせてくれる。



f0213817_529588.jpg




ワタム、取り立ててやることがない村だけど、
それ故にここには長居できる。
のんびりとリラックスするにはもってこいの場所だ。
4泊したけどもっといたかったな。
近々また来よう!



f0213817_5292449.jpg




f0213817_5294957.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 05:31 | trip

MOMBASA snap

建物の色のコントラストがはっきりとしている。
海辺の街特有だね。


f0213817_524857.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 05:05 | trip

異国散策

ケニア満喫の旅第2弾は、コーストサイトへ。
サバンナの動物サファリでケニアは有名であるが、
コーストサイトもなかなか素晴らしい。
ヨーロッパ、特にイタリア人がシーズンには訪れている。

そのコーストの玄関、モンバサ。
ケニア第2の都市である。
コースト沿岸はインドやイスラムの影響を受けていて、
ケニア内陸の都市とは全く景観が違う。
海を渡ってきた文化も色々あって、
普段ケニア西部に暮らしている自分にとって、
見るもの全てが新鮮である。

フォートジーザスという要塞や旧市街を歩くと、
なんだかアフリカの都市とは思えない。
人も観光地とあってか、
異国人にフレンドリーの接してくれる。
内陸でよく聞かれる「チン・チョン」というアジア人をこバカにした態度はあまり見られない。
逆にどちらかというとシャイの人が多いようだ。
興味がありそうなんだけど、あまり声をかけられない。
こういう感じ、キライじゃない。



f0213817_4564349.jpg




f0213817_4565252.jpg




f0213817_457439.jpg




f0213817_4581770.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 05:00 | trip

in the room

いつも、夜行寝台の移動は旅の気分を盛り立てる。



f0213817_434555.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 04:41 | trip

ナイロビ発27時

コーストサイトにあるケニア第2の都市、モンバサへ行く為に列車を使ってみた。
それもケニアレールご自慢の夜行列車。
旅情気分を味わいたくて乗ってみた。



f0213817_429163.jpg




まずはナイロビの駅に向かう。
19時出発だということで18時半に駅に着いたのだが、
いきなり2時間列車が遅れるというアナウンス。
まあケニアンタイムにも慣れてきたので、
このぐらいは想定内と思っていたが、
これが21時になっても一向に来る気配がない。
赤道近くのナイロビとはいえども標高1,500mオーバーなので、
冬の夜はかなり冷える。
フリースを着ていても寒いぐらいだった。
途中、少し寝たり音楽を聴いたりして待つこと6時間。
深夜1時過ぎにようやく列車が来た。
どうやらこの列車はモンバサから来たものがそのまま折り返すらしい。
もう眠いからベッドに入ってすぐ寝ようと思っていたのだが、
今度は深夜2時半からディナー。
まあ確かに食事は頼んでいたけどこの時間からかよ、
と全く気乗りがしない。
周りの人を見てもみんな眠そう。

そして朝の3時、とうとう列車がモンバサに向かって動き出した。
動いたことに感動したが、
かなり評定速度が遅いようである。
車にどんどんと抜かれていく。

翌朝は9時に起き、どの辺を走っているのかを確認してみたところ、
まだ3分の1も走ってなかった。
6時間かけて100kmちょっとしか走ってないのか、マジかよ…



f0213817_4293475.jpg




こんな調子で、
途中の中間駅で1時間ぐらい止まったり、
走れば追いつくんじゃないかぐらいのスピードでノロノロと進んだおかげで、
モンバサに着いたのが夜の20時前だった。
本当だったら朝の7時に着く予定なのだけれど。
12時間が25時間かかったのだから、まったくというところだけれど、
「まあケニアだから…」という賢い言い訳を最近見つけてしまった自分は、
それほど腹は立たなかった。
どちらかといえば、短い休暇で来ている旅行者が可哀相だったかな。



f0213817_4295536.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-27 04:30 | trip

Masai Mara SNAP

f0213817_3321324.jpg




f0213817_3323955.jpg




f0213817_334072.jpg




f0213817_3333634.jpg




f0213817_336672.jpg




f0213817_3344983.jpg




f0213817_3353052.jpg




f0213817_3374218.jpg




f0213817_3381311.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-25 03:39 | trip

動物王国

隊員総会も終わり、ターム休み中で暇な8月。
何もしないのはもったいないということで、
ケニア満喫の旅をしよう。
その第1弾として、3泊4日でマサイマラ国立保護区に行ってきた。

動物好きだったら泣く子も黙るマサイマラ。
全世界的に見ても哺乳類が一番見れる場所。
大型捕食動物のサンクチュアリ。
ケニアでも唯一無二な動物天国である。

ナイロビから約6時間。
ゲートに入った瞬間にまず見たのは、
チータの食事。
ハンティングでしとめた獲物をみんなで食べていた。
いきなりテンションがあがる。
その後はライオンのハンティングシーン。
すごい、前傾姿勢で獲物を捕らえようとする姿がかっこいい。
当日にいきなりすごいものを見てしまった。

その次の日は、
象、バッファロー、キリンを筆頭に、
メジャーどころのオンパレード。
圧巻はこの時期有名なヌーの川渡り。
毎年この時期になると、タンザニア側から食料を求めて、
ヌーがケニア側にやってくる。
その時、マラリバーを始め、色々な川を渡るのだが、
それが見てみたくこの時期を選んだのだが、
見事に目の前を渡ってくれた。
感動である。

そして3日目には、
めったにお目にかかることはできない豹を見ることができる。
それも草原を悠然と歩いている姿はなかなかお目にかかれないそうで、
否応なくともアドレナリンが大量に分泌された。
豹、すごくかっこいい。

というわけで、今回のマサイマラ旅行。
象、ライオン、バッファロー、サイ、そして豹のビッグ5。
ヌーの川渡り。
ライオンのハンティング。
おそらくマサイマラで見れるものは全部見た。
サファリ・プロフェッショナルのカトーさん曰く、
かなりラッキーだったね、ということみたい。
日頃の行いがいいということを信じたいが、
とにもかくにも、スーパー・ハイなサファリツアーだった。



f0213817_3173653.jpg




f0213817_3175228.jpg




f0213817_318576.jpg



f0213817_3181697.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-08-25 03:20 | trip