ケニア、種を蒔く

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ナクマット・ザ・ライフライン

ここシガラガラで食材を買うとしたら、
小さな雑貨屋や商店、または青空市場ぐらいしかない。
これらの食料品売り場、
野菜はまあ大丈夫そうだなと思えるのだが、
ハエがぶんぶんとたかっている肉売り場なんかを見ると、
どうも肉系はこの村で買う気にはまだなれない。
また米、パスタ類の炭水化物系の食材は見たこともなく、
当然、お菓子やフルーツジュース類等は手に入るはずもない。
ここ、シガラガラで自分が買うとしたら、パン、野菜、果物ぐらいか。
このような限られた食材だけでは料理のレパートリーに広がりを持たせるのも厳しいので、
必然カカメガの中心街にあるスーパーマーケットまで買出しに行くことになる。

ケニアのスーパーはNakumatt(ナクマット)とUCHUMI(ウチュウミ)が二大メジャー。
ここカカメガにはNakumattが町外れに君臨している。
日本のスーパーで例えるなら、Nakumattはお店に清潔感があるイトー・ヨーカドー、
UCHUMIは垢抜けない雰囲気からなんとなく生協みたいなイメージだ。
いや、だからといってUCHUMIや生協が駄目と言っているわけではなく、
逆に庶民的な雰囲気があって近くにあった時は自分もよくお世話になった。
しかし残念ながらカカメガにはUCHUMIの店舗は無いのでNakumattによくお世話になっている。
このカカメガのNakumatt、2010年3月頃にできたらしいのでまだ1年ちょっとしか経っていない。
それまでは小さめな売り場面積のスーパーぐらいしかなかったらしいのでかなり助かった。
ここの売り場は日本のスーパーと同じぐらいの品揃えで大抵のものは手に入る。
調味料等もかなりの種類揃えており、
インド人が多いケニアではそちらエスニック系の食材も豊富だ。
また店員もかなりしっかりしていて、
レジでお金を支払った後"Thank you"なんて言われたりする事もたまにある。
(ケニアに来たことがある人ならこのことがどれだけ凄いことがお分かりだろう)
ただし、地域によって微妙に商品構成が異なっていて、
マヨネーズやインスタント食品等の銘柄が少なかったり違っていたりする。
地域によって構成が違うのは仕入れの関係からいってもしょうがないのかもしれないが、
ナイロビではあった物がカカメガでは売っていなかったりするので、
あの時買っておけば良かったと後悔している品多数。
その辺の見極めを磨くことが、どうやらこれからの生活の質を向上させるポイントのようだ。

そういうことで、このNakumatt。
我々外国人がカカメガで生活するにはとてもありがたい存在である。


f0213817_1727182.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-24 17:27 | ケニア

タウンな感じ

ウェスタン州州都のカカメガ。
人口は10万人前後とそれほど大きくもない。
自分の住んでいるところから車で15分ぐらいのところで、
ここがいわゆる生活の拠点となる。

ナイロビ、キスムと大きな街だとどうもゴチャゴチャしていて
あまり長居をしたいとは思わないのだけれど、
ここカカメガのタウンはこじんまりとしていて悪い雰囲気はしない。
町の印象もどこかのんびりとした印象だ。
また緑も多く、街の真ん中にはちょっとした公園があり、そこで気持ちよさそうに日陰で寝転ぶ人も多い。
しかも、銀行、スーパー、携帯ショップ(ネット代や携帯代を払う為に行く)もちゃんとあり、
生活するには全く支障がない。
なのでこの街、結構気に入っているのだが、ただ一つ残念なことはお洒落なカフェがないこと。
スタバ・ファナティックな自分としてはそれが残念である。
ナイロビには"Dorma coffee"や"JAVA HOUSE"等こ洒落たお店があり、
そこで午後、コーヒーを飲みながら文庫本なんか読んだりしていると、
至福の時間を過ごせるのであるが、
そんな事はカカメガでは夢のまた夢である。
午後のオープンテラスで、コーヒーを飲みながらぼんやりとできるようなカフェがあれば、
カカメガ、自分の中でもケニアでベストタウンになれるんだけどね。


f0213817_17152138.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-24 17:16 | ケニア

ターム休みの過し方

4月はケニアのターム休み、学校が閉まっている期間である。
他学科では補講やサマースクールみたいな形で開催されている部署もあるが、
所属先ではそういう行事がなく、
誰も来ていないので学科に行っても鍵が閉まっていて入れないということも多い。
なんだかほとんど開店休業状態。
なので最近の日中は家にこもり気味。
「書を捨てよ、街に出よ」
と言っても、タウンに行ったらお金を使ってしまうのであまり行きたくないし、
個人旅行についてはまだ行ってはいけないお達しが出ているので、
家にいるのが一番の選択肢になってしまう。
日本にいる時は毎日のように出かけていたのだけれど、
ここではどうも出不精だ。

しかし、あまり有意義ではないのかもしれないけれど、
日本ではなかなか出来なかったことをとれる時間があるのはうれしい。
徒然にブログを見たり、本を読んだり、料理をしたり。
これはこれで楽しかったりする。


f0213817_4151513.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-23 04:16 | ケニア

カエル君、部屋でうろつく

ふと見ると、部屋の中にカエル。
どこから入ってきたんだ?


f0213817_5465788.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-13 05:47 | 日常

報告書第一弾

青年海外協力隊、またシニア・ボランティアでは、
任国に赴任中、2年で5回のレポートを事務局へ提出しなければならない。
提出時期は赴任後、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月、そして24ヶ月の5回。
この報告書、国民に対して公開義務があり、
広尾にある"JICA地球ひろば"に行って請求手続きをすれば誰でも見られる。
国民に広く公開しているのなら、ブログに載せても構わないでしょ。
ということで、出版社のWEBでよくある立ち読みコーナー風に、
今回は先日書き上げた赴任して3ヶ月の1号報告書のさわり、要約を載せてみる。
本文にご興味がある方は、ぜひ広尾の地球ひろばまで足をお運びになってくださいませ。


以下、一号報告書要約

 本報告書は派遣後3ヶ月までの活動内容をまとめた第1号報告書とする。本報告書の内容は以下。
  1. 活動地域及び配属先の概要
  2. ボランティアが所属する部局の概要
  3. 配属先のニーズ
  4. 活動計画準備状況
  5. 受入国の印象

 「1. 活動地域及び配属先の概要」については、執筆者が配属になったウェスタン州・カカメガ県の気候、土地、民族、また配属となった国立シガラガラ技術専門学校(Sigalagala Technical Training Institute)の概要について記述する。
 「2. ボランティアが所属する部局の概要」では、直接の配属部門であるICT学科(Information & Communications Technology department)に関して。
 「3. 配属先のニーズ」については、カウンターパートからのニーズの要望、また執筆者が考える改善すべき問題について説明する。
 「4. 活動計画準備状況」では、これから活動する上で何が必要であるかについて論ずる。執筆者が考える、ハードウェア、ソフトウェア両面についての改善計画準備状況を述べる。
 「5. 受入国の印象」については、執筆者が考える被援助国であるケニア共和国と、当配属先に対しての感ずる事、満足点、不満点について記述する。

上記に関して、以下の各項目で詳細に報告する。
 この3ヶ月間はナイロビでの研修期間も含まれているので、実質任地に赴任してから1ヵ月半しか経っていないが、その間にも多くの出来事が起こり、そして考える事、悩むところもあった。しかし、この期間中は同僚やカウンター・パートとは取り立てて問題もなく良好な関係で共に仕事を歩めた事は非常に良かった点である。また、エルドレッドにあるモイ大学での学科交流会、そしてキシーで行われたケニア西部地区技術専門学校交流会に参加できた。これらの事も、今後の活動で有益な情報を得られたという意味で時期的には幸運な配属であったと思われる。



f0213817_544054.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-13 05:46 | ケニア

被害届を出そうか

玄関の前に洗濯物を干せるスペースがある。
そこに張ってあった洗濯ロープ、それが先日盗まれた。


f0213817_2253952.jpg



その前の晩にはあったのに朝には無くなっているなんて、なんだか狐につままれた気分。
まさかこんな物が盗まれるとは思いもよらなかった。
貴重品はいつも注意しているのだけれど、さすがにこれはノーマーク。
人生で初めて盗難にあった品が洗濯ロープっていうのもなんだかパッとしない(そういう問題ではないか)。
正直、40Kshぐらいの品なので痛くも痒くもないのだけれど、
やっぱり気分はよろしくない。

ジョークで被害届でも出してみようか。
でもあんなロープ、一体何に使うんだ?


f0213817_226020.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-08 02:27 | ケニア

水を濾す

井戸なのか雨水のタンクなのだか知らないが、共同水道から汲んでくる水。
大抵は透明色なのだが、
たまにゲーターレードみたいな色をして出てくる時がある。
見た目不健康。
これをそのまま飲み水にするのはちょっとばかり勇気がいる。
ということで、一回濾過器に通し電気ポットで2回沸騰させてから飲んでいるのだが、
今のところお蔭様で何ともない。
濾過器、けっこう威力を発揮するのね、とちょっと感動している最近。


f0213817_224680.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-08 02:24 | 日常

水を汲む

水が出ないということは以前のブログエントリーにも書いたが、
ここ最近は雨も降らなくなってしまったので、共同水道まで水を汲みにいっている。
家から約300mぐらい先にある、学校の校舎近くまで行かなくてはならない。
ここの蛇口も水が出たり出なかったりするのでなかなか怪しく、
なんだかロシアン・ルーレット的な感覚である。
毎日、これで自分の運勢を占っている次第だ。
行って帰って、往復600m。
帰りは25Lぐらい入ったポリバケツを抱えながらなので、なかなかの重労働。
でも現地の人々、女性や子供でも頭に載せて運んでいるので文句は言わない。
JICAボランティア事業の理念の一つに、
出来るだけ現地の人と共に生活をするという事がある。
それが海外の援助機関やNGOとは一味違ったジャパン・ボランティアの売りであるわけだけど、
でもね、同じ敷地内でも家によってはきちんと水が使えているわけで、
これはやっぱりはやく直して欲しいのよね。
先日、校長やJICAの現地スタッフとも話したけど、
田舎だからしょうがないよね、ということでした。
ああ田舎、されど田舎。
はやく直ってくれないかな。


f0213817_222249.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-08 02:23 | 日常

普通の生活、普通の人々

東北、北関東で震災があった当初、
ケニアの地元の人に日本で大地震があったと言っても、あまりピンと来ない様子でどうも反応が薄かった。
遠い国の出来事だとなかなかうまく伝わらない事は、どこの国でも一緒なのかな、と当初は思った。
日本人が、中東のジャスミン革命の重要さを理解するのに時間がかかったように、
また極東の島国での地震・津波はケニア人にとっては自分の生活と関わりが無いもの、と。
だがやはり、1週間を過ぎたあたりになると、
テレビ、新聞でも連日震災の事が取り上げられた事もあり、その破壊の凄まじさを分かってか、
急に現地の人からもよく心配、お悔やみの言葉をもらうようになった。
自分の家族のように心配してくださる方が何人もいて、
本当ありがたい思いでいっぱいになった。

そんなケニアは日本から数千キロも離れた土地にある。
ここで暮らしていると、なにか今の自分の立場が歯がゆくてしょうがない。
義援金を送ったりはしたけれど、直接被災された方々に手を差し伸べ助けることはとてもできない。
でもこれは、日本で茨城、福島、宮城、そして岩手に住んでいない方々も、
同じような心境ではないのだろうか。
その被災にあった当地に住んでいない人の中で、
何か手助けをしてあげたいが何もできないと思っていらっしゃる方は、結構な数いると思う。
そんなもどかしい思いをしている私達は何をすればいいのだろうか?

あの震災以来、日本の事を考えると落ち着かなく、こちらでの仕事も落ち着いて取り組めなかった。
こんな事ではいけないと感じながらも、モヤモヤした状態で過ごし、
ああでもない、こうでもないと何かグルーミーな気分で日々を過ごしていた。
そんな状態で2週間が過ぎたあたりだろうか。
ふと、普通の生活を送ればいいじゃないか、という事が頭に浮かんだ。
普通に暮らせる人々は、普通の生活を送ること。
被災者に対して、何か直接的な行動をできるような人で無い限りは、
できるだけいつもの生活を送るべきではないだろうか。
困難な時にこそ、その事がよりいっそう大切な事であると。
助けを必要とする人々を支援する為には、健康な身にある私達がまず一生懸命支えていかなければならない。
その為には、生活に支障をきたす環境でない限り、そこで自分のできることを全うする事。
それが被災地への支援にも当然なるはずだ。
勤め人だったらいつも以上に仕事をこなす、学生だったらもっと真面目に勉強する。
たとえ何があったとしても、日本を動かしていくという事が肝要で、
それが回りまわって、いつかきっと今回のような困難に直面している人の役に立つのであるから。

また、アメリカのある新聞に載ったような、
日本が過剰な自粛に陥っているのではないか」という意見にはまさに私も賛成するところだ。
被災者を苦しめたり迷惑をかけたりする、侮辱するような行動ではない限り、
必要以上の自粛というものは、する必要もないし、逆にするべきでもない。
それは、直接的もしくは間接的にも支えていかなければならない我々が、
精神的にアンターな状態、鬱屈した状態になるわけにはいかないからであり、
支える立場の人間が、きちんと支えられる身でいられることが大切なのである。


先日、JICAの事務所から協力隊員のブログに関して、
当分の間、純粋な「活動報告」や「文化・生活習慣紹介」のような記事の公開は慎むようお達しが来た。
彼等には彼等の言い分があるのだろう。
色々と難しい立場であることも重々承知している。
だがしかし、個人的にはこの趣旨の内容には反対だ。
純粋な「活動報告」や「文化・生活習慣紹介」をする事が、
今の時期適切ではない行動であって、倫理に悖ることなのだろうか?

私は敢えてJICAボランティア事業は仕事と表現している。
我々は仕事で来ているのであって決して遊びではない。
もしお遊びで、おままごとで来ているのだとしたら、多くの隊員はこんなにストレスは溜まらないし、
ましてや、相手の国から来て欲しいと頼まれるなんてあり得ない。
私達、青年海外協力隊員又はシニア・ボランティアは、
活動がしっかりできる環境であればその活動をしっかりと行い、
普段の生活からだと知る由も無い日本の人、世界に住んでいる人々に、
異国、特に途上国ではどのような生活を送っていて、どのような困難があるのか、
またはこんな面白いことをやっている、と発信することも一つの重大な職務である。
卑しい事なんて何一つも無く、それはとても大切な事であると思うのだ。
災厄が日本に降りかかっている事と任地での活動報告、
これはまったく別次元の話であり同列で語られるべき問題ではない。
被災者の方々を冒涜、または混乱させるような記事はもっての外である。
が、純粋な協力隊の活動、また他国での文化・生活習慣自体が日本人の感情を逆なでするものであるのか?
また、そういった事を記述することが、どうして不謹慎であるのか?
否、である。
私には到底そんなふうには思えない。
このような理由から、この趣旨には納得しがたい感情を、私は今、抱いている。
もしそれを不埒な事だと認めてしまうと、
そもそも平時でも、この青年海外協力隊事業の活動自体が不届きなものになってしまうのでないだろうか。

日本にいても、海外にいても、
自分の目の前にあることに対し、そこで自分のできる仕事をたんたんと行うこと。
普通の生活を営める環境であるのなら、それを感謝し、日々の生活を送ること。
その出来事をありのままに伝える事も何ら間違った行為ではないはずである。
日本という国がこれからも、ボランティア事業を胸を張って進めていきたいのであれば、
どうどうと、いかなる時も我々が何をやっているのかを伝えるべきではないのだろうか。


f0213817_8164160.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-03 08:19 | 日本

シーンモードで遊ぶ

今度のGXR拡張ファームウェアアップデートで、
シーンモードに煽り機能や超高感度フィルム機能がついた。
遊んでいるとなかなか楽しい。


[トイカメラ]
f0213817_20161663.jpg



[ハイコントラスト白黒]
f0213817_20164891.jpg



[クロスプロセス]
f0213817_20171227.jpg



[ミニチュアライズ]
f0213817_20174090.jpg



f0213817_20175577.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-04-01 20:21 | アイテム