ケニア、種を蒔く

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クライング・ロックと銅メダリスト

カカメガの郊外にクライング・ロックという場所がある。
なんでも、キリストが流した涙が岩となった伝えがある、
この辺では有名な場所なのだそう。

先日、学校で電気工をやっているエリウッドに連れられて行ってみた。
カカメガの手前辺りでマタツを降りて徒歩5分程歩くと、
丘の上の目の前の聳え立っている。
まあまあ大きくて15mぐらいの大きさだったろうか。
一般的にはそれなりにすごいのだろうが、
ただオーストラリアで徘徊をしていた自分にとっては、少々物足りなさを感じてしまった。
なんせ彼の地では、
ウルル(エアーズ・ロック)、カタジュタ(風の谷)、デビルズ・マーブル、バングルバングル、
と、世界遺産級のとんでもない代物を色々と見てきたので、
このぐらいのレベルではもう感動もくそもない。
色々とあちこちを旅してきたお陰でちょっとやそっとじゃ驚かなくなってしまった。
なんとも悲しい、旅の弊害である。


f0213817_2173170.jpg



それで、なーんだ、つまらなかったのか、と言われると全くそんなことはなかった。
思いもよらぬ展開が待ち受けていたからである。
このクライング・ロックの入り口に着いた時、エリウッドの友達と合流して登ったのだが、
その中の一人にTシャツにナイキのスニーカーと、フットワークの軽そうな女性がいた。
ここケニアでは、なかなか洒落た格好をした人だなと思いながら見ていたのだが、
当然最初は一般人だと考えていた。
が違っていて、エリウッドから説明を受けている内に、かなりすごい人だということが判明。
彼女、シドニーオリンピックの女子マラソンで銅メダルを取ったケニアを代表するランナーだった。
名前はジョイス・チェプチュンバさん。
他にも、ロンドンマラソンや東京国際女子マラソンで優勝した事がある天才アスリートである。
いや、まさかカカメガの田舎でこんな人と出会うとは思ってもいなかった。
その話を聞いて、ミーハー魂に火がついてしまい、一緒に写真とかを撮ったりと大はしゃぎしてしまった。
何度も来日した事がある彼女は、日本語も少し知っていて、
「もっともっと」とか「さよなら」とか言っていたが、
世間話をしていると、ジョークを織り交ぜ楽しい会話をさせてもらった。
ジョイスさん、とても気さくで素敵な人である。

ところでエリウッド、なかなか交友関係が広い。
彼もなかなか面白い個性の持ち主なのだが、その話はまた今度。

※「ジョイスさんってどんな人?」と思った方は、ここを見てみてください。


f0213817_218374.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-28 02:19 | ケニア

美和ロック in ケニア

ケニア、はっきり言って治安がよろしくない。
(ただ、あの地球の歩き方に言われているほどではない。観光ガイドなのに行くなというのはどういうこと!?)
なので、我々JOCV隊員をはじめJICA関係者はセキュリティ対策には力を入れる。
鉄格子だの鉄の扉だの防犯ベルだの防犯メガホンだのと、色々安全対策が取られるのである。
ここシガラガラも、いくら田舎と言えども当然防犯対策はしっかりやる。
都市でも地方でも、やられる時はやられる。
というわけで、寝込みを襲われる対策の一つとして、廊下の扉の鍵を一つ増やしてみた。
ロック史上、最強の称号を持つ「美和ロック」である。
日本では数々の逸話があるが、はたしてケニアでもその威力を発揮できるか。
いや、発揮してくれる状況だと、差し迫ったシリアスな場面なので非常にまずいか。
とにかく、最強の鍵に期待である。


f0213817_4283891.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-26 04:29 | 日常

来た机、来ない椅子

ようやく机が来た。
2月初旬、本格的活動をする前に準備で訪れた任地訪問の時に、
家にはベッドとカーテンしかなかったので、
机と椅子がないから用意してほしいと学校側に頼んだ。
で、いざ赴任してみると案の定用意されていなかった。
機会を見てちょくちょく方々に聞いてはいたんだけど、
ようやくここにきて机が来た。
でも大きすぎ、畳2畳分ぐらいあるんじゃないかな。
もっと小さいので良かったんだけどね。
でも椅子が来ない。
机を持ってきてくれた人が、
「後で持ってくるよ」
という言葉を言って去っていったのだが、結局今日はそのまま来ず。
机と椅子、一式揃うのはいつになることやら。


f0213817_427771.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-26 04:27 | 日常

日記風にして1週間を振り返る

【月曜日】
赴任して5日目。
朝、学校に行ったらいきなり同僚に、
「ハードウェアのクラスを準備しといたからこの後授業をやって」
と言われ度肝を抜かれる。
ねぇ、だって9時に学校に行って10時半から授業って無理じゃね、普通。
と思うんだけど、これは日本人スタンダードの考え方なのか。
ケニア人だったらノー・プロブレムなのかは知らないけど。
えい、なるようになれと思ってクラスに行ったんだけど、当然玉砕。
コンピュータの5大要素を簡単に教えて終わってしまった。
で終わってすぐに、この同僚に聞いたら、
これから月曜のハードウェアの授業を受け持ってね。
ということらしい。
まったく、事前の打ち合わせでは準備が必要だから来月からでOK、
っていう話じゃなかったのか。
そうやってブツブツと小言を呟いていた1日。

【水曜日】
学校に着いたら、じゃあこの後、パソコンのパーツの授業をサポートして、
とまたいきなり言われる。
まぁ講師のアシスタントならいいかと思っていたら、
ずっと待っていてもその講師とやらがいつまでたっても来ない。
で、ふと生徒に講師は誰なの、と聞いてみると、
「貴方です」
と言われる。
またしても驚愕。
しどろもどろになりながらも、何とかパソコンのパーツの説明をしたが、
完全に負け戦。
講師のサポート役とその講師とでは、だいぶ意味合いが違うんじゃないのか?
というより、そのような説明も元々受けてはいない訳なのだが。

【木曜日】
午前中ラボラトリで壊れたPCを修理したり、のんびりと過ごしていると、
生徒の一人がやってきて、
「先生が来ないんです」
と言われたので、
「誰が先生なの?」
と聞き返すと、
「貴方です」
と言われ、顎が外れそうになった。
聞いてないぞ、そんな話!
俺のいないところで勝手に事が決まってんじゃねぇか!
思わずカッとしてしまいそうになったが、
生徒には申し訳ないことをしたので、
彼らには平謝りをしておいた。
その生徒曰く、
「明日も授業がありますので、よろしくお願いします」
との事。

【金曜日】
昨日、同僚に明日のハードウェアのクラスは午後からだから、
と言われていたのだが、どうも信用できなかったので、
朝一から学校に行ってみるとやはりクラスに生徒がいた。
予想通り、金曜のハードウェアのクラスは朝にあるらしい。
良かった、深夜の3時まで準備をしといて。
この日はなんとか乗り切れ、生徒の笑いを何回か取れたのが良かった。
休み時間をスワヒリ語で「dakika kumi(10分)ね」
と言ったらみんな爆笑してくれたのだけど、
ちょっとこれには笑いのツボが分からない。
授業が終わった後、昨日授業は午後からだ、
と言った同僚に文句を言いに行ったら、
「あっ、そう。もうはっきりとしたから別にいいじゃん」
みたいな感じで切り返される。
そうきたか!

生徒や職員はいい人が多いのだが、
どうも同僚の先生に慣れるのは一苦労しそうな気がする1週間だった。


f0213817_4245897.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-26 04:25 | ケニア

水が出ない

先週の木曜に、ここシガラガラに到着したのだが、
金曜から断水になって水が出ない。
いや、正確に表現すると、
キッチンの水は、朝と夕方の1時間ずつしか出ない。
これは元々そうだった。
断水しているのは、24時間使用できるはずの洗面所とトイレの方の水道である。
何故、キッチンと洗面所の水道管が別系統なのかは謎なのであるが、
ライフラインと思っていた水道が使えないのはけっこう痛い。
まあしばらくしたら復活するだろうと高を括っていたのだが、
今日になっても一向に回復する見込みが無いので、
仲良くなった電気工の友達に配管工を呼んでもらった。
配管工のおじさんに、あっちにいったりこっちにいったりしてもらって、
1時間ぐらいして出るようになったのだが、
この人が帰った後すぐにまた水が出なくなってしまった。
なんだかねー。

はやく普通に使えないかな。
長時間の停電より、長時間の断水の方が、
かなり生活のやる気を無くすことがケニアに来てから分かった。
体は洗えないは、料理はまともに作れないわ、で大変なのであるが、
難儀なのはトイレの水が流せないことである。
これがね、個人的には一番ゲンナリしますわ。


f0213817_452459.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-23 04:52 | ケニア

カテドラルが崩壊してしまった

ちょうど3年前の今頃、ニュージーランドにいた。
オーストラリアでワーキングホリデーをしたのだが、
そのビザが切れたのをきっかけに、
タスマン海峡を越え、
もともと行きたかったニュージーランドに渡ったのである。

2月のニュージーランドは素晴らしい季節だ。
日差しが強いが空気はカラッとしていて、
オープンカフェの日陰で過ごしていると最高の気分に浸れる。
そんなニュージーランドに最初に降り立った街は、クライストチャーチだった。
夜の11時頃に空港に着きバスに乗って市内のYHAに泊まったのだが、
街明かりがとても素敵な印象を受けた。
嬉しくて宿に荷物を置いてすぐに深夜の街に飛び出したのだが、
ひんやりした空気の中、気持ちのいい街だなと感じながら、
怖いと思うようなこともなく、カテドラル広場付近を歩き回ったのだった。
そんなクライストチャーチには都合4日間ぐらいいたのだが、
ニュージーランドの旅を、この街から始めて最高の出だしを切ることができた。

そんな大好きなこの街が、直下型地震の発生により大被害に遭ってしまった。
死傷者もかなり出ているとの事で、謹んで哀悼の意を表したい。
下の写真は始めて降り立った夜に、深夜の街を歩き回って撮ったカテドラルの写真。
このカテドラルも崩壊した模様で胸が痛む。


f0213817_449996.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-23 04:49 | 海外

Ghost above the bed

上から釣られている蚊帳。
なんだかお化けのように見える。


f0213817_482178.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-21 04:09 | アイテム

さて、どういう作戦で行こうか

2月の初めに任地訪問で訪れた時は校長から、
赴任してから2月いっぱいは準備期間で、
3月から授業で教えてね、という事であったが、
詳細はまだ何も決まっていない。
これから詰めていくことになるのだが、
さあ、これからどうしようかなと徒然と考える。
明日が明後日ぐらいにカウンターパートやら部門長に、
どんな感じなのか話を聞いてみることにするか。
まるっきり現状を知らないので、まずは情報集め。
そこから作戦を練らないとね。


f0213817_453917.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-21 04:06 | ケニア

体調が上がらず

ケニアに来てからどうも体調が優れない。
全快だった日が2、3日しかなかったかも。
思えば、下駄箱の上にあったサッカーシューズを借りたら、
まずは水虫になるところから始まる。
これが最悪の展開で、普通の水虫は痒いのだが、
あまりに悪くなると痛いのである。
見ると皮膚が爛れてしまった。
このおかげで1ヶ月近く足を引きずる羽目に。
そして12月に日本で歯医者に見てもらったばかりなのに、
ここ最近、熱いものを食べると右の奥歯がずどんと痛む。
これもなかなかの痛み。
そしてここ2、3日の直近では、急性扁桃腺になった模様。
ナイロビにいる時、隣に寝ていた同期隊員も同じような症状で
ダウンしていたので、おそらく感染源は一緒かな。
おかげで一昨日は、水や唾を飲むのも激痛が喉に走る。
なので全く食が通らなかった。
(せっかくキスムで一泊した時、調整員さんと中華を食べに行ったのに…)
昨日、学校の医務室に行って薬をもらってきて、
ようやく今日の午後ぐらいから痛みが引いてきた。
ここケニアでは、舗装されていない道から土煙が舞い上がり、
また、排気ガス規制が無いのではないかというほど、
車からすごいモクモクとした煙が出ているので、
大気汚染が結構酷い模様。
薬をもらった医務室で、看護師のおばさんから、
「空気が汚いから、みんな喉をやられるのよ」
とのこと。
幼少の時、東名高速の結構近くに住んでいたので、
よく喉をやられていたことを思い出した。

日本にいる時は、ろくに病院行かなかったんだけどな。
青年海外協力隊、またはシニアボランティアを受ける時、
かなり厳しい健康診断を受けるのだが、
その意味がここに来てよくわかった。



f0213817_447951.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-20 04:48 | ケニア

停電の夜に

暗闇の中、遠くからオルガンの音色と聖歌が聞こえてきた。
素敵な停電の夜。


f0213817_4453033.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-02-20 04:45 | ケニア