ケニア、種を蒔く

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スラムで話を聞く

スラムでのスタディー・ツアー。
ここでのメインイベントは、住民の人に対するインタビュー。
どういったインタビューかというと、
子供を病院に行かせられない家庭というのはスラムではやはり多く、
そういった家庭に対して、チャイルドドクターは支援を行っている。
その支援するある家庭に対してヒアリングする時に同行させて頂いた。

対象の家庭は、西部から出稼ぎにきていた父親1人、子供4人で住んでいる家族。
上の子供2人は既にチャイルドドクターの支援を受けているが、
今回は残り2人分に対する支援のインタビュー。
この父親の話を聞いていて思ったことは、
ああこういう話は日本で新聞で本で読んだな、ということであるが、
頭で想像するのと目の前に実際そういう人がいるというのは、全然違う。
実際に会って話して見るということ。
やはり伝わってくる量と質が圧倒的だった。
日本ではどこか他人事だったのが、グッと身に迫ってきたな。
体感する、これって大事なことなんですよ。

そしてもう一つの感想、自分と相手との距離感が難しさ。
もっと突っ込んで質問をしたかったのだが、
相手に失礼になるのではないだろうかと思い、当たり障りのない質問しかできなかった。
こういう場合どうしたらいいのだろう、とちょっと考えてしまった。
今の自分の答えは、聞かない方がいいのかなー、と漠然に思ってはいるが。
なんだかね、根っこのところは人間って考える事は同じだと思うのですよ。
自分だったら聞かれたくないな、と思う質問は相手にはしないというスタンスなので。

たった1日のスタディー・ツアーであったが、得るものは大きかった。
極東の島国から来た世間知らずには、なかなかの刺激的なプログラムである。

下の写真は、ミトゥンバのコミュニティ・スクールを見学させてもらった時の写真。
みんな元気がよく10分で疲れた。
でもこんなに元気のいい子供は、日本で見たことないな。


f0213817_16325117.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-01-30 16:33 | ケニア

スラムに行ってくる

先日、ナイロビ市内にあるミトゥンバというスラムに行ってきた。
今泊まっている語学研修所兼ホステル(この話はまた今度)の近所に、
世界最大のスラムと言われるキベラ地区があるが、
そこではなく、ちょっと離れた国内線用空港の近く。
頭上ではよく飛行機が飛び回っている。
小さいスラムといっても簡単に迷子になることはできたかな。
2回ぐらいツアー集団とはぐれてしまい泣きそうになった。
そんなここ、ミトゥンバ・スラムで、
チャイルド・ドクターというNGO団体の方が主催されるスタディーツアーに参加したのだ。

ナイロビに来てからずっと晴天続きだったのだが、手痛いことにこの日は雨。
次の日からまた晴天のナイロビなので、運が悪いほうの当り日。
ずっと降ったり止んだりだったので、道はぬかるみだらけで、
靴とジーンズが泥だらけになってしまったが、
現地の人は長靴を履いていた人が多く、そうだよね、それが生活の知恵。


f0213817_16195967.jpg



ここで案内されたNGOの方がなかなかの魅力的な人で、
しなやかなに物を考える人、そういう印象を与える方だった。
プラスもマイナスも色々な経験をしていて、話をとても興味深く聞かせてもらう。
なにか自分もできないかな、と乗り気にさせられました。

帰る間際、ようやく晴れてきて、
空と地面のコントラストが印象的だった。

後日、スワヒリ語の先生に聞いたら、
20年間で200万人から400万人と倍にナイロビの人口が増えたのだそう。
その為に住宅の供給が追いつかなく、社会問題になっているのとか。
ケニアも住宅問題は深刻、でももっと優先的な問題があるということなのかな?


f0213817_16205640.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-01-30 16:22 | ケニア

横から縦へ

部屋を模様替え。
8畳ぐらいの大きさの部屋に男4人で寝ているが、狭いということで、
ベッドを横から縦に4人で並ぶことに。
ミイラの棺みたいで、お互いの顔が近過ぎ…
部屋のスペースは広くなったんだけどね。
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-17 04:16 | ケニア

ナイロビ、1週間目

ナイロビに到着して1週間、その感想。
さすが東アフリカのハブということでかなりの大都会である。
日本の地方での政令指定都市と同じぐらいに大きい。
中心街では喧騒的、交通渋滞もなかなかのレベル。
物もかなり溢れているし。
種類、質はあまり期待できないかもしれないが、大抵の物は買えるスーパー。
金を積めばの話だけど、macでもメルセデスでも買えるぐらいの余裕はナイロビにはある。
また緑がとても多いのが素敵。
いたるところに木々が生えていて、その中にビルがポツポツと立っている感じ。
自然と都会の調和という都市計画の点では最高点をマークするのでは。
また、標高が1700mのところにあるので、日中でも非常に過ごしやすい。
日差しは強いのだが、木陰に行くと涼しくて気持ちいい。
汗もかかないし。
なかなか良い所だ、と思うのだけれど、
不満点もあるのが世の常で、
ごみ問題を始めとした環境問題、アフリカの中でも酷い方に入る治安。
このことに関してはまた今度。
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-14 03:10 | ケニア

まあ色々と公務もあるわけで

こちらに着いてから1週間。
どんな事をやったかというと、
まずは、JICA事務所でのオリエンテーション。
ここで所長を筆頭にケニア事務所の方々のご案内。
そして大使館に行って、ケニア大使と面談。
ここで大使からの激励というか雑談というか。
日本でも、普通に生活していたらまず会わないだろうな、
という人々と次々と出会えて、なかなか刺激的。
でも気疲れもして、夜はぐっすりと7時、8時に寝ちゃったりして。
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-14 03:07 | ケニア

写真はあげれられない

ケニアに着いて、語学学校兼宿泊施設に泊まっていますが、
ここのネットの回線が遅いので、
写真はしばらく上げられない。
どうするかは、今後の検討課題。
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-14 02:59 | ケニア

It begins in Africa

1月6日、ケニア、ナイロビに降り立つ。
羽田→関空→ドバイ→ナイロビ。
この空路だと23時間かかります。
遠い…

ケニアに着いてのファースト・インプレッションは、
2年間の長期滞在の予定なので、
えもいわれぬ喜びが沸いてくる。
遠くに来た感、これがなかなかの快感である。

ケニヤッタ空港からナイロビまでの道路は、
見渡す限りの草原、そして出歩く人たちはアフリカの人達。
全ては新しい感覚、ほとばしる恍惚感である。



今日の一曲: The Chemical Brothers - It begun in Africa
今日の一曲が復活。
もちろん、今回はケミブラの"It begun in Africa"でしょ。
それはアフリカから始まる。まさに打ってつけの曲でしょ?

アフリカンリズムとテクノ融合はこちら
http://bit.ly/HkuBD

more
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-12 23:49 | ケニア

再起動

1月5日にケニアに向けて出発することに。

新たなる土地で、新たなるミッションを与えられた。
ビクトリア湖のキスム近郷の町で、コンピュータを学生に教えてきます。
葦として、足として、自分がどこまでできるのだろうか、
そして、どのような変化が自分に起きるのだろうか?
気分が高揚するような人生を送れていることに感謝しないと。

やりたいことはできるだけやりたい。
その為の再起動。
[PR]
by tanewomaku | 2011-01-12 23:38 | ケニア