ケニア、種を蒔く

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

1Q84

1Q84のBOOK3を読み終わる。

先週の日曜日の情報処理試験が終わるまで読むのを我慢した後(やればできる子)、
昨日の朝の4時半近くにようやく最終頁にたどりつく(読書は遅い子)。

内容については書かない。
本や映画の内容を人からネタばれされたら、
怒りくるって、たぶんその人に対して不幸の願掛けをするか、
わら人形の五寸釘を打ち付けるぐらい腹が立つので。
(冗談です、そこまではしない。でも一生言い続けるぐらいはするかも)

なので、表現技法で気になったことだけを一つ。
村上春樹は昔から比喩が好きなのだが、
今回の1Q84に関しては、明らかに多すぎるんじゃないの、と思う。
読んでいてかなり気になった。
個人的には、比喩等の表現手段はペペロンチーノの唐辛子ぐらいに、
スパイスをちょっと効かせるぐらいの感じで織り交ぜた方がいいと思うんだけどな。

しかし、こんなふうには感じたけど、ストーリーとしては申し分ないぐらい面白い。
現代日本小説では最高峰の作品だと断言する。


f0213817_214063.jpg



今日の一曲
The Chemical Brothers - Block Rockin' Beats
昨日、鎌倉に行くときに久々に2ndアルバムを聞きたくなったので聞いてみた。
ケミカルはこの曲が収録しているアルバムから入った。

90年代終盤のダンスミュージックもいいなと思う人は、こちら

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-23 02:19 | アイテム

おわらねぇー

やばい、本気で情報処理試験の過去問が終わらない。
マックに行って集中してやろうと思ったのだけれど、
バカ高校生がギャーギャー喚き散らして全くできず。

で、家に帰ってもこんな風にネットに書き込みしているし。
挙句の果てには1Q84のBOOK3を買っちゃったし。
そんな暇も無いのに。
あぁ。


f0213817_0223767.jpg



今日の一曲
Sigur Rós - Inní mér syngur vitleysingur
寒い日にはやっぱり北欧サウンド。
最近のヨンシーはかなり明るいんだけど、なんだか吹っ切れたのかな。

明るく元気が出るマーチは、こちら
[PR]
by tanewomaku | 2010-04-17 00:22 | 日常

鯉のぼりの季節なのに

寒い。
鯉のぼりの季節なのに。
今日の最低気温は5℃とは冬じゃない。
もう4月の半ばで春、たけなわのはずなのに。
明日はなんと、雪かもねとは。

変な春であるよ。


f0213817_052613.jpg



今日の一曲
Pet Shop Boys - Rent
これからしばらく、今日聞いた音楽をご紹介。
その栄えある一曲目は、PSBのRent。
何故かたまに無性に聞きたくなる曲なんだな。しかしこの駄目駄目な奴は誰がモデルだ?

「愛してる、だってあなたが家賃を払ってくれるから」みたいなふざけた奴が主人公の曲は、こちら
[PR]
by tanewomaku | 2010-04-16 00:54 | 日常

現実逃避中

いたずら書きではありません。
情報処理試験に向けての勉強中。
でも、なんやかの理由を付けてこうやってネットに逃避しております。
なんか最近一段と集中力が無くなってきたような。


f0213817_21392299.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-13 21:41 | 日常

枝フェチ

なんとなくこの季節、枝に目が行く。
なので枝フェチ。
いや、新芽フェチかも・・・

新しく生まれてくるという季節感が好きなんだろうね。


f0213817_21331026.jpg



f0213817_21332968.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-13 21:36 | 好きなもの

春の足跡2

春の柔らかい風に桜が舞い散る。
苔むした大地に花びらが降り注ぎ、濃いグリーンと淡いピンクとのコントラストが印象的。
心地よい季節、心地よい風景。


f0213817_16142956.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-09 16:16 | 日常

春の足跡1

今週から急激に暖かくなり、いきなり春真っ只中になったような。
今年は花粉が少ないのか、症状があまりでないので楽である。


f0213817_2034552.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-08 20:35 | 日常

そもそもの理由

そもそも何故、青年海外協力隊に応募したのか。
正直に告白すると、あまり大したことではなかった。
昔から青年海外協力隊という名前は知ってはいたのだけど、それほど興味を惹かれていた訳でもなく、
奉仕精神に溢れた心優しき者が途上国の貧しき人達の為にボランティア活動をして、
その国の発展を担うお手伝いをするんだな、というぐらいの漠然とそんな思いしか抱いていなかった。
当然、自分が応募するなんてこれぽっちも想像していなかった。

そんな風に考えていた青年海外協力隊に、コペルニクス的大転換で応募したきっかけは、
ただの偶然の食事からである。
去年の9月、オーストラリアにいた時に仲が良かった友人がたまたま東京に来るということになり、
渋谷の外れにある馬刺しのお店で一緒にご飯を食べたのだが、その時、
「私、青年海外協力隊でインドに行くの」
といきなり切り出され、かなり面食らいながらも色々と話を聞いたことによる。
友人は日本語教師の派遣隊員に応募して見事合格し、インドに行くことになったというのだ。
そして話している最中ずっと、その友人はものすごく楽しそうに話すのである。
普段、自分を含めて苦虫を噛むような表情の人達の中で暮らしていた身には、
なんだかえらく羨ましく感じた。
そして思った。そんな彼女がすごく輝いて素敵であると。
その時、個人的に仕事がうまくいっていなく、転職を考えていた時期と丁度重なった事もあり、
青年海外協力隊というものに心を鷲掴みにされてしまった。
次の日には、もう既にホームページを色々と調べていたのである。

そうして今、選抜を通り抜け自分も派遣されることが決まったのだけれど、
去年の今頃は全くこんな選択肢はなかったわけで、
タイミングというか、こういう偶然の出会いで人生が決まっていくのか。
今後の人生に確実に何らかの影響を与えてくれたあの時の時間が、
今から考えるとなんだか不思議に思う。
この決断が吉と出るか凶と出るかは、死ぬ直前になるまで分からないことだろうけど、
今はこの選択肢を与えてくれた友人に大変感謝をしている。


f0213817_21155615.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-06 21:16 | 出発前

鎌倉を歩く

天気が良かったので、鎌倉をぶらつきに行った。
鶴岡八幡宮、大仏、銭洗弁財天の順で回ったのだけれど、
実は鎌倉の大仏を見に行くのは初めて。
近所の観光地だと、いつでも行けると思っちゃってなかなか行かないもんだよね。
そんな初めてみる大仏を有難やとご拝見すると、やはり迫力があって中々いいものがある。
こんな大きなものが500年前以上に建造されたのかと。
ちょっとくすんではいたけどね。

鶴岡八幡宮は御神木が倒れてから初めて行ったけど、倒れた跡が痛々しい。

最近、2、3週間に一回のペースで鎌倉に来てる。
歩こうと思えば住んでいる家から鎌倉まで歩いて行けることが嬉しい。
東京にも5年近く住んだけど、やっぱり神奈川の方が好き。


f0213817_21124049.jpg



f0213817_21131581.jpg



f0213817_211340100.jpg



f0213817_2114182.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2010-04-06 21:14 | 日常