ケニア、種を蒔く

東アフリカを歩く、タンザニア編

4月のターム休みはウガンダ。
5月、6月、7月はお仕事をして、8月のターム休みに今度はタンザニアに行ってきた。

タンザニアもスワヒリ語を公用語としている国。
なのでケニアと同じような感じなのかと思うかもしれないが、
これが雰囲気がなにかと違う。
ケニアとタンザニア、両方行ったことがある人がよく言うことは、
ケニア人よりタンザニア人の方が人がいいというのだけれど、
行ってみて、その感覚がなんとなくわかった。
タンザニア人は、なにかと落ち着いた感じがあるので、
接しててもそんなにストレスを感じない。
また、アグレッシブさもあまり感じないので、
一緒にいると居心地がいい、というふうになる。
まあこれは旅行者の視点であって、
両方の国で仕事をしたことがある専門家の方が言うには、
どっちもどっち、ということになるらしいけど。

タンザニアでは、
ダル・エス・サラーム、ドドマ、そしてザンジバルに行ってきたが、
その具体的なお話は、またおいおい。



f0213817_585846.jpg




f0213817_591749.jpg




f0213817_593530.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-09-29 05:10 | 海外