ケニア、種を蒔く

ナイルの源流で悶える

ウガンダ一押しのアクティビティ・スポットと言えば、
ナイル川でのラフティング。
白ナイルの源流、ジンジャという町でラフティングが楽しめる。
ラフティングのレベルには数段階はあり、
初心者レベルがレベル1、それから難易度が上がる度に急流が厳しくなる。
素人でもやってもいい最高レベルがレベル5なのだが、
このレベル5、世界中でザンビアのザンベジ川と、
ここ、ウガンダのナイル川の2箇所でしか体験できない。
というわけで、物は試しにということでレベル5ラフティングに挑戦してみた。

最初はボードが大きめだったので安定性が抜群で、
水はよく被ったがひっくり返る気配はない。
レベル5、恐れるに足りず、と思っていたが、
ボートを変えて次の急流に差し掛かったとたん、
思いっきりボートが転覆。
急流に投げ出されてしまった。
その時思ったことは、
「あっ、これ死ねる」
である。
時間にして10秒とか15秒なのではないかと思うのだが、
まったく水面に上がれない。
水をガバ飲みして苦しくて息も吸えないとなると、普通にパニックになる。
スキューバダイビングで一応それなりのライセンスを持っているので、
水の中の嗜みは知っているつもりだったけど、
本気で怖かった。
水面に上がってインストラクターに救助された時は、
すごくホッとした。
オランダ人のおばあちゃんとも相乗りしていたのだけれど、
船頭さんに馬鹿野郎とマジ切れしていたので、
たぶんみんな相当怖かったんだろうな、と思う。

急流スポットは7、8箇所あったけど、
一回水の中に落ちてからはもう二度と落ちたいとは思わなくなる。
嬉しいことにその後はもう落ちることはなかったけど、
かなりの恐怖心だった。
このラフティング経験から半年くらいたったけど、
またやりたいなー、とは今日まで全く思わない。



f0213817_4443120.jpg




f0213817_4445867.jpg




f0213817_445684.jpg




f0213817_4451996.jpg




f0213817_4454213.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-09-29 04:47 | activity