ケニア、種を蒔く

世界の車窓から、キスム~ナイロビ編

4月になりケニアレールの寝台列車が運行再開。
旅客寝台列車はだいたい4月、8月、12月のハイシーズンに運行される。
大体いつもカカメガからナイロビに上がる時はバスを使っているのだが、
今回は旅情風景を誘う、キスムからの列車で移動してみた。
ケニアの寝台はナイロビ-モンバサ間が世界的にも有名なのだが、
キスムからも編成数は少ないが密かに運行がされている。
で、このキスム-ナイロビ間の見所はなんといっても
世界最大級スラムであるキベラスラムのど真ん中を通ることである。
こんなところに路線を通しているのもエライ凄いことだと思うが、
その光景もちょっと言葉にはできないぐらい印象的であった。
もう日が暮れるような時間帯に通ったのだが、
人通りの活気と照明の明かりがなんとも幻想的な世界観を作り出していた。
個人的には凄めの世界遺産に匹敵するほどの眺めだったな。

ところで前回のナイロビからモンバサまでの列車旅に引続き、
今回もキスムからナイロビまで24時間以上かかってしまった。
どうやら崖崩れで土砂が線路に堆積して、
それを取り除く為に7、8時間途中で止まっていたからだけど、
ケニアレールの寝台列車には2回乗車して2回とも24時間かかるなんて相当運が悪い。
おかげでケニア隊の中では、
自分と一緒には列車に乗らないほうがいいという噂が飛び交っているらしい。
あーあ、なんで?



f0213817_5233938.jpg




f0213817_524746.jpg




f0213817_5242251.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-04-30 05:26 | trip