ケニア、種を蒔く

板になったipod touch

"No music, No life"な生き方をしている自分にとって携帯音楽プレーヤーが必須。
中学から一貫してwalkmanを使い続けたソニー信者であったのだが、
ここ最近のアップルのipodのお洒落さになんとも惹かれてしまい、
ケニアを出発する前の一昨年の12月、
ipod touchを買ってしまった。
やはり最近は飛ぶ鳥を落とす勢いのアップル製品だけあって、
かゆいところに手が届くような便利さで重宝していた。
そして昨年11月、そのipod touchのOSがiOSのヴァージョン4から5へとメジャーアップデートされた。
ウェブ記事等の前評判も上々だったことから、
自分もその日の内にアップデートして、
「おぉー、すげー便利な機能」と悦に入って色々といじくってたわけだが、
なんだか電池の減る量が異常に速くなっている気がした。
以前はWiFiを切る機内モードだったら1週間は持っていたのに、
10時間も持たない。
なんだかおかしいなと思っていたら、
やはり電池の消耗に関するOSのバグがあったらしい。
アップルもすぐに修正版を出してきて、5.0から5.0.1へとしてきたのだが、
そのアップデート版をインストールしても自分のipod touchでは電池問題は修正されていなかった。
まったく、である。
と、ここまでならまだ笑って(ニヒルにだけれど)済ませられたのだが、
アップデートをした2、3日後、
うんともすんとも言わなくなり文字通りの板の状態になってしまった。
その前にも、ヴァージョン5にしてから
完全に電池がなくなったら、
PCからバックアップを戻さなければならないというなんとも怪しい状態になってしまい、
ipod touchの電池が切れる度にわざわざ復元作業をやる羽目になっていた。
それが、iOSの5.0.1にした後に、
電池が切れたので、さあUSBケーブルでPCにつないで、
充電かつ戻し作業をしようと思ったらまったく反応しなくなっている。
あれおかしいな、と思い電源ボタンやらホームボタンを触っても駄目。
本格的にまずいかもと思い、
ウェブに載っていたリストア方法を全て試したのだが全く反応しない。
ここでこいつは洒落にならん状態なんだなと認識。
なんせ買ってから1年も経っていないので、
日本だったら販売店に持っていて、
「使えないじゃん、これ」
と言ってブツブツ文句を言いながら保障期間内ということで交換してもらえるが、
ここケニアではそれができない。
また修理に出そうと思っても、
アップルの支社がない為それも不可。
尚且つパスポートやらJICAとの関係上、アップルの支社がある国に行けるのは日本だけ。
なので帰国して直さない以外手段がないという、まったくお手上げ状態である。
あぁもう、何でこんなことに!
OSのバージョンアップしなければ良かった。
というわけで、念の為に持ってきていたwalkmanを今は使っている。
あぁソニー、裏切ってごめんや。
代打のwalkman、こちらの方はたまにPCとの接触がおかしくなるが、
それ以外は順調、現役でバリバリと使えている。
彼には帰国まで頑張ってほしい。
ところでipodとwalkman、
こうして聞き比べてみると、全然音がwalkmanの方がいい。
ミュージック・プレーヤーとしてみると、やはりwalkmanの方が一日の長があるか。



f0213817_21141187.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2012-01-08 21:23 | アイテム