ケニア、種を蒔く

外国に住むことの弊害

外国に住んでいると、
当たり前だけど全く日本とは違う経験をする。
更には好き好んでアフリカなんかに行ってしまうと、
この国外での経験があまりに圧倒されてしまう場合がある。
喜怒哀楽のメーターが、
全ての感情で日本にいる時よりもはるかに大きく振れてしまうのだ。

そんなような国外体験をしてしまい日本に帰ると、
かなりの人は日常に支障をきたしてしまうのではないだろうか。
何をやっていてもつまらないというか、
周りの雰囲気と温度差を感じてしまうのだ。
実を言うと、なにを隠そう自分がそうだった。
オーストラリアとニュージーランドに1年半住んでいて、
そこから帰って来てまたしばらく日本でサラリーマン勤めをしたのだが、
これが見事なまでにかみ合わない日々を送ることになってしまったのである。

友達と話していても、
今はやりのテレビ番組やら、
週末のゴルフの話。
それから結婚している人なら家庭の愚痴やらを聞いたりしたり。
また会社内の同僚とは、
どこの会社が好景気だとか、
誰が昇進したとか、
また上司から深夜まで熱く、人生ですべきこと、みたいな話を聞かされたりしたり。
その手の類の話で周りが盛り上がっているのだが、
自分自身は聞いていても全然話がつまらない。
日本人集団から飛び出した者は、集団内の話にどうやら一歩引いた立場を取ってしまうのか。
これには、少なからず日本以外で過ごした経験がなにかしら影響しているのだろうと思う。

一回外に出た人がまた日本に戻ってきても馴染めず、
また外国に行ってしまう、っていうことはこういうことではないのかなと、
我が身を持ってよく理解できた。

オセアニアみたいなある程度発展している地域でもそうだったのだから、
ここ途上国のケニアから日本に帰国した時の自分が感じる違和感といったら、
また相当なものだろうなと今からでもひしひしと感じる。
なんせ日常に関しては、
オーストラリアにいた時よりも更に振り幅がある生活をしているのだから。
もっぱら「怒」とか「哀」の方に感情が振れる時の方が多いけれど。

もうそろそろケニア生活の折り返し地点だけど、
今度の帰国後はできるだけ、
日本社会とのギャップを受けないような生活を始めたいものである。



f0213817_444086.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-12-02 04:07 | 海外