ケニア、種を蒔く

ウェスタン農業展示会

土曜日、カカメガのタウンで開かれた農業展示会に行ってきた。
年に一回この時期、ウェスタン州の農業関連団体が一堂に集まる一大イベントである。
今年は6月23日から6月25日かけて行われた。
我が協力隊の先輩隊員が所属、または協力している、
KWS(Kenya Wildlife Service)とKFS(Kenya Forest Service)が出展するということで、
それも楽しみに待っていた。

来る前はけっこうこじんまりとしているのかなと思っていたのだが、
これがいい方に裏切られて、なかなかの人手。
入場にも行列ができていた。
敷地もかなり広くて、どのぐらいだろう、
明治神宮ぐらいの広さはあるのかな?



f0213817_19441028.jpg




展示もしっかりしている。
農作物の展示品はエーカー当りどのぐらいの利益を出すかを表示していたり、
また畜産用のブースもきちんとした飼育施設も色々種類があって面白い。
また即販会も行われて、マメやら乳製品、特産品の蜂蜜等が売られていた。
ちなみにカカメガの特産品はあまり有名なのはないのだが、
蜂蜜はフォレスト・ハニーといってサラサラの食感が売りだそう。
自分が行った時には既に売り切れだったので、
今度見つけた時は手に入れてみたい。
サラサラとしたハチミツとはどんな味?



f0213817_19433747.jpg




そしてKWSとKFSのブース。
まずはKWS。
展示内容は基本的にカカメガ・フォレストの紹介であるが、
人がちらほらといるけれど混雑をしているほどでもない。
所属のカトーさん曰く、
去年のKWSは豹やチーターの燻製を持ってきたりしてやる気があったそうだが、
今年はガラリと変わりあまりやる気がないのだそう。
カトーさんが金曜に来てみたらブースがあまりに閑散としていたので、
急遽カカメガ・フォレストにいる動物の写真のスライドを作成して、
土曜に張り出した、みたいな応急処置をする羽目になったとか。
ちょっと残念感が漂う感じだったけど、
この日は子供達がそれなりに食いついていた印象なのでなんとか面目は保ったか。
一方、KFSのブースは大盛況。
ドラム缶を利用して農業廃棄物から炭を作るという展示だったのだが、
これがかなりの人気。
けっこうな人の関心を惹いていて真剣な問い合わせもちらほらと。
ケニアも都市部ではけっこう収入が向上してきたが、
農村部ではまだまだ厳しい。
こういうちょっとした技術で収入が得られるのは、
農家の人にとっては喜ばれる。
外貨の3分の1を農業で稼いでいるこの国は、
農民の人口もかなりいるはずなので、
うまくやればそれなりに需要が見込めるんじゃないかな。
なかなかのアイディアだと感心した。
まさしく"THE協力隊"という活動じゃない。
さすがアベコ、自分も見習わなきゃね。



f0213817_19455351.jpg




農業展示以外にも、
移動遊園地みたいなアトラクションもあって、
こちらもなかなかの人手だった。
子供も大人もわんさか。
その中のアトラクションの一つに人魚がいるという芝居小屋があったけど、
これが何ともいえない風情があった。
たぶん昭和40年代ぐらいの日本までだったら通用するかもしれないネタだったが、
さすがに現代のケニアでもアレは厳しいと思う。
ここは敢えてネタは明かさず写真ものっけないでおきたい。
興味がある方は、ぜひケニアまでお越しください。
また、ここの近くでラクダ乗りがあったのだが、
なぜかこのラクダに気に入られてキスをされたりまとわりつかれた。
何でだろう?


年に1度の農業展示会。
カカメガで一番の賑やかな時なのかもしれない。
面白かったので、来年も行ってみようかな。



f0213817_19464316.jpg




f0213817_19472292.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-06-26 19:53 | 日常