ケニア、種を蒔く

ブル・ファイティング

先週の日曜日、学校の敷地内で闘牛祭りが行われた。
朝、いきなりエリウッドがやって来て、
「これから闘牛やるから来い」
と連れ出される。
グラウンドに行ってみると、ここシガラガラでは初めて見る人の多さ。
老若男女、ありとあらゆる人がいる。
いや、外人は自分だけだったか。
でもこんなにこの村に人がいたっけ?


f0213817_21355113.jpg



ブル・ファイティングのほうは、
柵もネットも何もないところで牛と牛とを闘わせていて、
その周りに人が池垣のように集まっている。
面白かったのだが、でも正直怖い。
いきなりこちらに向かってきたらただでは済みそうもない。
けっこうな迫力である。
優勝の牛には、みんなでその栄誉を称え、
賞金が与えられたそう。

エリウッドも興奮してカメラ貸せと言って奪い取り、
ひたすら興奮のブル・ファイティングを撮影していたが、
おかげで自分ではシャッターを1枚も切れず。
自分にこのイベントを見せたかったというよりも、
カメラを弄りたかっただけな気がしなくもない。
まあ、いいけど。

東北の震災が気にかかって、心から楽しむ余裕はなかったが、
ちょっとした気分転換にはなったかな。


f0213817_2136049.jpg

[PR]
by tanewomaku | 2011-03-19 21:37 | 日常